Q.ブレーキランプ切れは整備不良で捕まる?罰金は?

Q.ブレーキランプ切れは整備不良で捕まる?罰金は?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
ブレーキランプで罰金?
Q.ブレーキランプ切れは整備不良で捕まってしまうのでしょうか?
もし捕まった時には、罰金をとられますか?

ブレーキランプが切れていることに気付かないで公道を運転している人を見かけることはある。
そこで今回は、ブレーキランプ切れは違反なのかについてまとめてみたので参考にして欲しい。

整備不良について

ブレーキランプが切れている

整備不良には2種類ある


【整備不良とは...】
 整備不良とは、保安基準に適合していなく、まわりに危険を生じさせる可能性のある車両に対して科せられる違反だ。
整備不良には、「制動装置等」と「尾灯等」の2種類に分類することが出来る。


【制動装置等】
 整備違反の制動装置等では、ブレーキやハンドル、足回り、マフラーの改造といったものが対象となるようだ。
ちなみに、マフラーに関しては別の違反項目で「消音器不備」というものもある。


【尾灯等】
 尾灯等のは、ウインカーやヘッドライト、ブレーキランプの球切れに加え、窓ガラス全面にスモークフィルムを貼り付けるフルスモークなどが対象となる。



ブレーキランプ切れでも整備不良!


【早急に電球交換を】
 上記で説明した通り、ブレーキランプの球切れでも立派な整備不良となってしまう。
しかし、運転している本人はブレーキランプの電球が切れていることなんて気付いていない事が多いからか、警察に呼び止められてもすぐに違反キップを切られる事は少ないようだ。

 しかし、違反は違反なので捕まってしまう前に、ブレーキランプの電球が切れていることに気付いたら早急に交換しよう。
違反もそうだが、安全性の面からも交換は早めが良いだろう。


【自分でブレーキランプを確認する方法】
 誰かがブレーキランプを確認してくれれば問題ないが運転する際にいつも誰かがいてくれるわけではない場合、どのようにして自分一人でブレーキランプを確認すればいいのだろうか?

[ガソリンスタンド]
 まず、手っ取り早いのはガソリンスタンドなどに寄った際に見てもらうというのがある。
ガソリンを入れるついでに見てもらえ、電球が切れていたらすぐに交換もしてもらえるだろう。

[夜、映り込みで]
 ガソリンスタンドに寄る用事のない場合には、建物やその他の車の映り込みを利用して確認する方法もある。
夜に、光を反射しそうな対象物(ガラス張りの建物や、車など)の近くに後ろ向きで車を止めて、ブレーキを踏むのだ。
すると、運転席に乗っていても対象物に映り込んだブレーキランプを確認することが出来る。

[録画して]
 録画機能付きの携帯電話などをお持ちの場合なら、車の後方を映すように録画しておき、ブレーキを何回か踏もう。
この方法なら、昼間でも確認できる上、バックランプもチェックすることが可能だ。

整備不良での罰則や罰金は?

違反した男

懲役の可能性も!?


 整備不良による罰則や、罰金に関しては以下の通りだ。
反則金を無視し続けたりすると、罰則が科されるので注意しよう。

【整備不良 - 制動装置等】
反則金
  • 大型車:¥12,000
  • 普通車:¥9,000
  • 二輪車:¥7,000
  • 小型特殊:¥6,000
  • 原付き:¥6,000
免許
2点減点
罰則
3ヶ月以下の懲役または、5万円以下の罰金

【整備不良 - 尾灯等】
反則金
  • 大型車:¥9,000
  • 普通車:¥7,000
  • 二輪車:¥6,000
  • 小型特殊:¥5,000
  • 原付き:¥5,000
免許
1点減点
罰則
3ヶ月以下の懲役または、5万円以下の罰金

おわりに

 いかがだっただろうか。
ブレーキランプでも整備不良で捕まってしまうということがおわかりいただけただろうか?
あなたもブレーキランプが切れていた場合にはすぐに交換するようにしていただきたい。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)