車のバッテリーを充電する方法!

車のバッテリーを充電する方法!

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
バッテリーの充電方法
 あなたの車のバッテリーが上がってしまったら、どのように対処しているだろうか?
大抵の場合は、ブースターケーブルなどをつないで一時的に凌ぎ、新品のバッテリーに交換したりするだろう。

 そこで今回は、車のバッテリーの充電方法についてまとめてみたので、バッテリーあがりの時の参考にして欲しい。

車用のバッテリー充電器で充電する

バッテリー充電器

バッテリー充電器


【家庭用コンセントから充電できる】
 車のバッテリーを充電するための充電器が販売されているのをご存知だろうか?
家庭用のコンセントから充電することができるすぐれものだ。

 寿命を迎えてしまったバッテリーの復活は難しいが、ハザードランプを付けっぱなしにしてしまったりした時のバッテリーあがりにはとても効果的だ。
出先でバッテリーが上がってしまったら、ブースターケーブルで一時的に充電を行い、帰宅後に充電器を利用してしっかりとバッテリーを充電することでより長くそのバッテリーを使うことができるだろう。

【Tips】
バッテリーが上がった時のブースターケーブルの繋ぎ方について知りたい方は、こちらの記事も参考にして欲しい。
バッテリー上がり時のブースターケーブルの繋ぎ方




絶縁テープで保護

充電の方法


【1.バッテリーの端子からケーブルを外す】
 効率よく充電を行うためにも、バッテリーの端子に付いているケーブルを外しておこう。
バッテリーを外す時は、まずマイナス端子を外し、その後でプラス端子を外す。
詳しい端子の外し方は、こちらの記事を参考にして欲しい。
トラックのバッテリーの交換方法

 外したターミナルは、誤ってショートを起こしたりしないように絶縁テープなどで金属部分を巻いておいた方が安全だ。
また、室内で充電することが多いと思うので、そのままバッテリーを下ろして部屋に持っていったほうが良いだろう。
外にコンセントが付いている場合には、わざわざバッテリーを降ろさなくても充電を行える。



バッテリーと充電器を繋ぐ
【2.バッテリーの端子と充電器のクリップを繋ぐ】
 充電器には、赤(プラス)と黒(マイナス)のケーブルがあり、それぞれの先端にはワニ口クリップが付いている。
赤いクリップをプラスの端子に繋いでから、黒のクリップをマイナスの端子に繋ごう。



モードを選択
【3.充電器の説明書に従ってモード等を選択】
 充電器の種類に寄っては、自動車用、バイク用、急速充電用などのモードが選択出来るようになっている。
ケーブルをバッテリーに接続したら、説明書の指示に従ってモードを選択しよう。


【4.充電器をコンセントに繋ぎ、スイッチを入れる】
 ここまで来たら、あとは充電器をコンセントに繋いで電源を入れるだけだ。
詳細は、その充電器の説明書記されているはずなので、説明書の指示に従おう。

【Tips】
トラック(24V)のバッテリーの充電をする場合には、バッテリーを外して一つづつ(12V)充電しなければならない。



充電にかかる時間は?


【早くても5~6時間】
 充電器と言っても、携帯電話の充電のように2時間くらいで充電が完了するわけではない。
短くても5~6時間は充電したい。
また、完全に充電するなら半日以上は充電する必要がある。


【完全に元通り?】
 一度上がってしまったバッテリーは完全に復活するわけではない。
良くても新品の時の70%程度と言われている。

充電器を使わずに充電するには?

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドなどで充電してもらえる


【一度だけのために充電器を買うのは嫌だ】
 一度バッテリーが上がってしまっただけなのに充電器をわざわざ買うのはもったいないと感じる人もいるだろう。
そういう場合、バッテリーを外してガソリンスタンドや、整備工場などに持っていけば充電してくれるところもあるそうだ。

 充電の料金だが、一つあたり¥1,000~¥3,000程で充電してくれるようだ。(トラックは2つ充電する必要がある)


バッテリーを買ったほうがお得?


【再生バッテリーなら】
 先ほども少し説明した通り、完全に充電をしても、新品時の70%ほどしか復活しないことが多い。
そうなると、車種によってはバッテリーを買ったほうがお得な場合があるのだ。

 再生バッテリーを使用すれば、軽自動車クラスのバッテリーで¥3,000前後、普通車クラスでも¥5,000~¥6,000くらいで購入することが出来る。 新品とほとんど遜色なく使用することができるのでおすすめだ。

【Tips】
再生バッテリーについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にして欲しい。
再生バッテリーとは?メリット・デメリットなど

おわりに

 いかがだっただろうか。
バッテリーは、充電器を購入するか、ガソリンスタンドなどに持ち込むことで、充電することが出来るということがおわかりいただけただろうか。
また、再生バッテリーに交換したほうがコスト的には良い事もあるということも覚えておこう。
バッテリーに関してこの記事が少しでも役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)