フォークリフトの法定点検と罰金について

フォークリフトの法定点検と罰金について

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
フォークリフトの法定点検
 あなたは、フォークリフトの点検をしっかりと行っているだろうか?
実はフォークリフトには法定点検が義務付けられており、3つの点検を行わなければならない。

 そこで今回は、フォークリフトの法定点検についてまとめてみたので、参考にして欲しい。

フォークリフトの法定点検の種類

危険なフォークリフト

年次点検


【毎年点検をする】
 フォークリフトは1年に1度、年次検査(特定自主検査)を行う義務があり、労働安全衛生規則第151条21によって定められている。
ちなみに、1年以上使用することのないフォークリフトは年次点検を行わなくても良いようだ。
労働安全衛生規則では、下記のように点検項目を定めている。

1.圧縮圧力、弁すき間その他原動機の異常の有無

2.デファレンシャル、プロペラシャフトその他動力伝達装置の異常の有無

3.タイヤ、ホイールベアリングその他走行装置の異常の有無

4.かじ取り車輪の左右の回転角度、ナックル、ロッド、アームその他操縦装置の異常の有無

5.制動能力、ブレーキドラム、ブレーキシューその他制動装置の異常の有無

6.フォーク、マスト、チェーン、チェーンホイールその他荷役装置の異常の有無

7.油圧ポンプ、油圧モーター、シリンダー、安全弁その他油圧装置の異常の有無

8.電圧、電流その他電気系統の異常の有無

9.車体、ヘッドガード、バックレスト、警報装置、方向指示器、燈火装置及び計器の異常の有無

労働安全衛生規則


 ちなみに、点検内容をしっかりと記録しておき、3年間は保管しておく必要があるようだ。
以下の項目を記録しておかなければならない。

  • 点検を行った年月日
  • 点検方法
  • 点検箇所
  • 点検の結果
  • 点検を行った者の氏名
  • 点検結果によって補修等をした場合、その内容

【Warning】
この年次点検を行わない場合、50万円以下の罰金を支払わなければならいので、しっかり点検を行おう。



月次点検


【毎月行う点検】
 年次点検は毎年行う点検だったが、月次点検は毎月行う必要のある点検だ。
また、月次点検も1月以上使用する予定のないフォークリフトに関しては点検を行う必要はないようだ。

 点検の内容に関しては、やはり労働安全衛生規則で以下のように決められている。

1.制動装置、クラツチ及び操縦装置の異常の有無
2.荷役装置及び油圧装置の異常の有無
3.ヘツドガード及びバツクレストの異常の有無

労働安全衛生規則


【Warning】
この月次点検を行わない場合、50万円以下の罰金を支払わなければならいので、しっかり点検を行おう。



始業前点検


【使用する日に行う】
 始業前点検とは、毎日のフォークリフト作業の前に行う点検のことである。
点検内容は、労働安全衛生規則によって以下のように決められている。

1.制動装置及び操縦装置の機能
2.荷役装置及び油圧装置の機能
3.車輪の異常の有無
4.前照燈、後照燈、方向指示器及び警報装置の機能
労働安全衛生規則


【Tips】
始業前点検は、毎日行うものなので、以下の記事から点検表を印刷して利用していただければ幸いである。
フォークリフト点検表

フォークリフトの事故に関する動画

 直接法定点検とは関係ないが、こういった不注意で重大な事故を起こす可能性があるので、点検はもちろんのこと、運転操作にも十分注意していただきた。


おわりに

 いかがだっただろうか。
車の車検制度のように、フォークリフトにも法定点検があるということがおわかりいただけただろうか。
あなたも、忘れずに点検を行って安全に作業を行って欲しい。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)