事故を防ぐために...重機の死角について

事故を防ぐために...重機の死角について

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
重機の死角について
 あなたは、重機にはどれほどの死角があるかを把握しているだろうか?
普段から重機を運転している人でも、重機の死角を完璧に把握している人はなかなかいないだろう。

 そこで今回は、重機の死角や、事故を防止するための安全グッズなどをまとめてみた。

重機の死角について

ユンボの死角

ユンボの死角は?


【後方に死角多し!】
 ユンボは視界が良いイメージがあるが、それは前方に限った話しだ。
ユンボの後方には死角が多いことをご存知だろうか?

 ミニショベルのような小型のユンボの場合には、全体的に見渡すことができるが、左のイラストのように少し大きなユンボになると運転席後方が大きくなるため、死角が多くなる。

 また、左右に関しても、思っている以上に死角がある場合がある。
運転席の位置が高くなるほど周りを見渡せて安全に感じるが、その分車体に高さが出るため実際には死角が増えているることが多いのだ。


【Tips】
トラックの死角については、こちらの記事を参考にして欲しい。
トラックの視界・視野と死角について




ホイールローダーの死角

ホイールローダーの死角は?


【全体的に死角になりやすい】
 特に大型のホイールローダーの場合、前方後方に死角が生まれやすい。
というのも、運転席後方はエンジンなどを積んでいるため、車体部分が大きく死角が生まれるのはユンボと同じだ。
また、走行時には、バケットを少し浮かせることから、前方のバケットが死角を生み出すのだ。

 ホイールローダーを運転する際には、バケットの前方の安全を確認することが大切になるだろう。




死角はみんなで確認

死角はみんなで確認する


【ロープなどを利用する】
 実際の死角とは、重機の種類や大きさによって全然異なるため、あなたが使用する重機の死角は、現場のみんなで確認することが望ましい。

 運転席に人を乗せ、見えている位置と見えない位置の境界線を調べるのである。
その際に、画像のようにコーンやロープを使用すると、死角を見える化できて全員が死角を視覚的に捉えることが出来る。

死角によって起こる事故

旋回時に挟まれる危険
旋回時に挟まれる危険

ユンボの死角による挟まれ事故


【クローラータイプは危険】
 ユンボなどのクローラータイプの重機のほとんどは旋回することが出来る。
この旋回が事故を巻き起こすことがあるのだ。

 左側のイラストを見てもらえばわかるが、旋回した時に人がいることを確認できずに壁などに人を挟んでしまうことがあるようだ。
運転手はもちろん、その他の作業員も、旋回によって事故が起こることを把握しておく必要があるだろう。



重機の影に人がいる


【物陰に人がいないかを確認】
 これは重機に限らず、乗用車やトラックに関しても言えることだが、死角に人がいることに気付かずに運転を開始してしまって事故が起こることがある。

 これを防ぐには、重機の周りの安全確認をしっかりしてから運転を開始することだ。

事故を防ぐために...

トラぽん太
トラぽん太

危険作業エリア警報システム - トラぽん太


【近寄ると警報が鳴る】
 危険作業エリア警報システムである「トラぽん太」とは、アムカという会社が製造している重機にエリアセンサーというものを取り付け、作業員はレスポンサを装着して作業を行う。
レスポンサを装着した作業員がエリアセンサーを取り付けた重機に近づくと警報装置が作動して、危険を知らせてくれるというスグレモノだ。

 エリアセンサーの危険エリアは3m、4m、5m、6m、8m、10mと選択することができるので、小型の重機から大型の重機まで使用することが出来る。

 また警報はブザー音と赤色のLEDランプが点灯するので、音のうるさい現場でも安心して使用することが出来る。




パノラマiアイ
パノラマiアイ

重機接触防止装置 - パノラマiアイ


【カメラとモニターで確認】
 株式会社つくし工房が製造している「パノラマiアイ」は、自動車でいうバックモニターのようなもので、重機の死角となりやすい部分にカメラを、運転席にはカラーモニターを設置することで視覚的に周囲の安全を確認することが出来る。

 12V用と24V用の電源アダプターが用意されているため、様々な車両に取り付けることが出来る。


【株式会社つくし工房】
〒175-0092
東京都板橋区赤塚3-31-7
TEL:03-3977-3333
株式会社つくし工房

おわりに

 いかがだっただろうか。
自動車に限らず、重機にも死角があり、重大な事故を起こす原因にもなっている。
特に大型になればなるほど死角が増えるので、十分に気を付けて作業を行って欲しい。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

大変勉強になりました
はじめまして。
私、中古重機、中古建設機械、中古建機のオークション情報を配信しております「重機ネット」管理担当の松尾と申します。
<a href="http://www.jyu-ki.net/" target="_blank">http://www.jyu-ki.net/</a>
特にユンボの情報にアクセスが多いので、ユンボ関連のコンテンツを調べていましたところ貴サイトを見つけました。
ユンボで起こりうる事故の具体例、大変勉強になりました。
大きいゆえに死角になりやすい箇所も多いのですね。
勝手ながら当サイトからリンクさせていただきました。
http://www.jyu-ki.net/link.html
もしよろしければ相互リンクいただければ幸いです。
  • 2014/03/25 02:22
  • 松尾
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)