巻き込み事故の過失割合や罰金など

巻き込み事故の過失割合や罰金など

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
巻き込み事故の過失割合
 自動車を運転している限り、誰もが事故を起こす可能性があることは、あなたも知っているはずだ。
そんな交通事故の中でも、特に起こしやすい事故が巻き込み事故である。

 そこで今回は、巻き込み事故を起こしてしまった場合の過失割合や罰金などについてまとめてみたので、頭の片隅にでも覚えておいたほうが良いだろう。

巻き込み事故の過失割合

この記事で紹介する過失割合・罰金等は、あくまで目安であり、実際の事故が同じ過失割合・罰金等になると保証するものではない。
似たような事故でも、状況などによって過失割合・罰金等は変わってくるので、万が一あなたが巻き込み事故を起こしてしまった時に、この記事に記述されている過失割合・罰金等と違った場合でも当サイトでは一切の責任を負わない事を承知していただきたい。


巻き込み事故

歩行者との事故


【横断歩道や店舗の出入口で】
 交差点を左折しようと思ったら横断歩道の歩行者と接触してしまったり、店舗などの駐車場に入る際に歩行者と接触してしまうような事故は多い。
このような場合の過失割合はどれくらいになるのだろうか。

[青信号の交差点]
歩行者
過失割合:0
自動車
過失割合:100

[駐車場の出入口]
歩行者
過失割合:0
自動車
過失割合:100

 交差点での巻き込み事故は、歩行者と自動車の両方が青信号であることを想定しているが、歩行者が赤信号だったりする場合などには過失割合が変化する可能性が高い。
しかし、総じて歩行者との事故は、歩行者に過失はないとみなされることが多いようだ。



自転車との事故


【最近では速い自転車もいる】
 巻き込み事故では、自転車を巻き込んでしまうことも十分考えられる。
この場合、自転車の存在に気付いていたかどうかということが過失割合に影響してくるようだ。

 具体的に言うと、自転車を追い越しているかいないかが基準となるようで、自転車を追い越してから巻き込み事故を起こした場合、自転車の存在に気付いていたとみなされ、過失割合が高くなるようだ。

[自転車に気付かない場合]
自転車
過失割合:10
自動車
過失割合:90

[自転車に気付いていた場合]
自転車
過失割合:0
自動車
過失割合:100

 やはり、乗り物同士の事故ということで多少は自転車にも過失割合があるとみなされることが多いようである。



バイクとの事故


【幅寄せをしていたか】
 巻き込み事故の中で最も多いのは、おそらくバイクと自動車の巻き込み事故だろう。

 バイクを巻き込んでしまった時の過失割合において重要となるのが、自動車が巻き込み防止のための幅寄せをしていたかどうかということだ。
左折をする際は、交差点の30m手前でウインカーを出し、左側に車体を寄せるのが正しい左折の方法である。

[幅寄せしていた場合]
バイク
過失割合:40
自動車
過失割合:60

[幅寄せをしていない場合]
バイク
過失割合:20
自動車
過失割合:80

 幅寄せをしっかりしていれば、過失割合はここまで少なくなるのだ。
反対に、幅寄せをしていない場合にはご覧のとおり、過失割合は大きくなる。


【Tips】
巻き込み事故と同じくらい起こりやすい、サンキュー事故について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にして欲しい。
サンキュー事故の過失割合と罰金など


巻き込み事故の罰金とは?

加害者
【罰金や罰則も気になる】
 過失割合も気になるが、罰金や罰則についても知っておきたいと思う方は多いはずだ。


【物損事故の場合】
 巻き込み事故を起こしてしまったが、幸いにも相手に怪我はなく、物損事故となった場合にはどのような罰則があるのだろうか?

  • 罰金:なし
  • 免許の減点:なし

 実は、物損事故の場合、罰則などはないのである。


【人身事故の場合】
 事故の相手が怪我を追ってしまった場合には、人身事故となり罰金や免許の減点もあるのだ。

[治療期間が15日未満]
  • 罰金:12万円~30万円
  • 免許の減点:2点~3点

[治療期間が3ヶ月未満]
  • 罰金:20万円~50万円
  • 免許の減点:6点9点

 治療期間によって罰則は異なるので、詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にして欲しい。
Q.人身事故を起こした時の罰金や免許はどうなるの?

巻き込み事故に関する動画

 この動画は、原付きと自動車が巻き込み事故を起こす様子をドライブレコーダーで撮影したものである。



おわりに

 いかがだっただろうか。
今回は、巻き込み事故についてピックアップして書いたが、交通事故全般に言えることは、状況によって過失割合は変化するということだ。
ちなみに、トラックには巻き込み事故の被害を軽減するために、巻き込み防止装置というものを取り付けているのをご存知だろうか?
別記事に詳しく書いたので、興味があったら読んでみて欲しい。
トラックの巻き込み防止装置とは

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

自転車の過失割合が不公平
自転車と原付で過失割合が違うのは良くないなあとおもう。
どちらも本来の交通ルールほぼ同じだし、
二輪で生身なのも一緒なんだから同じにするべき。

自転車の場合、前を走る車が左折ウィンカーだしてても、無理に飛び出すのが原因がほとんど。
しかも車道を走る自転車ではなく、歩道を徐行義務を果たさず横断歩道を高速で出てくるママチャリに多い。
歩道での徐行義務を守らないくせに、先に右左折してる車がいても止まれ止まれと無理に横断。
公平に過失をとらないからルールを守ろうとしないし、
自分は優先との勘違いが止まらないんだと思う。
原付きと同じにすれば少しは責任持って運転するようになると思う。

自転車が優先だった自転車横断帯は廃止になりました。
自動車から左折と誤解されたり、歩道から乗ったまま優先で渡らせるのが危険だからです。
横断歩道は歩行者は優先ですが、自転車は優先ではありません。ここを勘違いするひとが多すぎます。
私は自転車乗りですが、自転車がルール守らないのに過失100や90もとられてトラックは可哀想と思ってしまいます。
  • 2014/11/25 23:58
  • 菜々美
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)