再生バッテリーの寿命と性能とは

再生バッテリーの寿命と性能とは

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
再生バッテリーの寿命
 バッテリーを選ぶ時に、新品のバッテリーの他に「再生バッテリー」という選択肢もあるが、あなたは再生バッテリーを使用したことがあるだろうか?

 今回は、再生バッテリーの寿命や性能についてまとめてみたので、まだ再生バッテリーを使用したことがない方は、参考にして欲しい。


              
                                                           

再生バッテリーの寿命はどれくらい?

2年をアピールする男

使い方次第で変わる


【2年程なら問題ない】
 再生バッテリーを購入する際に不安に思うことといえば、再生バッテリーの寿命についてだろう。
実際のところ、どれくらいの期間使用することができるのだろうか?

 しかし、こればかりは使い方によって変わるので一概に「何年くらい使える」と断言できるものでもない。
強いて言うなら、特殊な条件でもない限り2年以上は問題なく使用している人が多い。
※一般的には2年~3年で交換する人が多いようだ。


【Tips】
再生バッテリーについて詳しく知らない方は、こちらの記事も読んでみて欲しい。
再生バッテリーとは?メリット・デメリットなど


【バッテリーの寿命を短くする運転】
 もし、あなたの車のバッテリーが上がりやすいと感じるようなら、もしかするとバッテリーの寿命を短くする運転をしているかもしれない。
以下の様な運転をしている場合、再生バッテリーの寿命は2年も持たない可能性がある。

[バッテリーを弱める運転]
  • 一日に何度も短い距離を走行
  • 週に一度くらいしか運転しない
  • テレビやオーディオなどの電装品がたくさん付いている
  • 車に適合していない容量のバッテリーを使用
※また、寒い地域に住んでいる場合、気温の低さからバッテリーが上がりやすくなる。

再生バッテリーって性能的にどうなの?

電気が付いている

およそ85%~95%は再生されている


【新品と同等に近い】
 再生バッテリーの性能は新品と比較しても遜色ないほど良く出来ているようだ。
実際に使用している人たちも、この安さでこの性能なら、もう新品を買うことはないだろうと言っているほどだ。

 再生バッテリーは使用済みのバッテリーを特殊な器械で再生するのだが、その再生率は新品バッテリーの85%~95%にも及ぶようだ。
実際に、新品バッテリーと再生バッテリーの違いは体感的にはわからないレベルである。



保証が付いている物を選ぼう


【できれば2年保証で】
 再生バッテリーの寿命に関しては、上記で説明した通りだ。
だが性能に関しては、新品よりも劣るのでは?と思っている人も多いようだ。

 確かに、バッテリーを再生している会社によっては粗悪品を売っているところもあるようだが、近年では再生バッテリーの品質も向上しているため、ハズレを引いてしまう事も少ないはずだ。

 再生バッテリーは、保証を付けて販売しているところが多いので不安な方は2年保証付きの再生バッテリーを購入することをオススメする。
ちなみに、新品のバッテリーでも保証期間は3年であることが多いところからも、再生バッテリーは値段に対して十分な保証期間を付けていると言えるだろう。

おわりに

 いかがだっただろうか。
再生バッテリーの寿命は2年以上持つことが多いようだ。
また、性能に関しても新品との違いがわからないくらいに作られているということもおわかりいただけただろうか。
ただ、世の中には粗悪品もあるため、出来れば保証付きの物を購入したほうがいいだろう。
あなたがバッテリーを購入する際に、この記事が少しでも参考になれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)