ラフタークレーン(ラフテレーンクレーン)とは

ラフタークレーン(ラフテレーンクレーン)とは

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            

ラフタークレーンの形状

ラフタークレーンの外観1
 ラフタークレーンとは、不整地などを走行することが可能なクレーン車である。
正式名称は"ラフテレーンクレーン"だが、一般的には"ラフタークレーン"と呼ばれることが多い。
クレーンにタイヤを取り付けたような外観をしており、トラッククレーンとは違い走行やクレーン操作は同じ運転席で行う。
そのため、クローラークレーンにも似ている。
しかし、最大速度が50km/hなので、長距離の走行には不向きである。
今回は、そんなラフタークレーンについてまとめてみたので、購入の際の参考にどうぞ。


              
                                                           

ラフタークレーンの用途と種類

ラフタークレーンの外観2

ラフタークレーンの用途

 山のような作業現場でクレーンが必要になった場合、あなたならどうするだろうか。
トラッククレーンでは不整地には入れないし、オールテレーンクレーンは大きすぎる。
そんな時に活躍するのがラフタークレーンである。
土木現場から建設現場まで、幅広く活用することができる。
また、車体がコンパクトなので、狭い路地などでの作業もお手の物だ。
吊上げ重量は、2t~10t、25t、50t、70tとバリエーションがある。




ラフタークレーンの運転席

クレーンの種類

クレーン車(ユニック)
 クレーン車とは、平ボディトラックのキャビンと荷台の間にクレーンを搭載したものである。
古河ユニックの製品が有名なので、ユニックと呼ばれることもある。

トラッククレーン
 トラッククレーンとは、トラックの荷台がクレーンになっているトラックである。
トラック用運転席と、クレーン用運転席が別々になっている。

オールテレーンクレーン
 オールテレーンクレーンとは、高速移動が可能で不整地走行も可能なトラッククレーンである。
トラッククレーンとラフターの良い所を合わせたクレーンだ。

クローラークレーン
 クローラークレーンとは、キャタピラを装着しているクレーンのことである。
より重い物を吊り上げることが可能だが、道路を自走できるものはほとんどない。

ラフタークレーンの車種

ラフタークレーンの外観4
 ラフタークレーンを購入する場合、重機メーカーで購入することになる。
ここでは、代表的なメーカーを紹介する。

代表的なメーカー

【株式会社タダノ】
〒761-0102
香川県高松市新田町甲34
株式会社タダノのラフタークレーンのページ:
http://www.tadano.co.jp/products/construction/crane/roughter/

【株式会社加藤製作所】
〒140-0011
東京都品川区東大井1-9-37
株式会社加藤製作所のラフタークレーンのページ:
http://www.kato-works.co.jp/products/roughter/mr130r.html

【コベルコクレーン株式会社】
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-17-1
コベルコクレーン株式会社のラフタークレーンのページ
http://www.kobelco-cranes.com/jp/product_w_crane/

【平野クレーン工業株式会社】
〒547-0026
大阪市平野区喜連西6-1-10
平野クレーン工業株式会社のラフタークレーンのページ:
http://www.hiranogr.jp/body0103.html


~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)