オールテレーンクレーンとは

オールテレーンクレーンとは

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加

オールテレーンクレーンの形状

オールテレーンクレーンの外観1
 作業現場にクレーンが必要になった場合、ラフタークレーンでは走行速度が遅すぎて目的地までの移動時間がかかりすぎてしまう。
しかし、トラッククレーンでは不整地での作業が出来ない。
そんな時に導入したいのがオールテレーンクレーンだ。
最大で9軸車(タイヤが18輪)まであり、多軸駆動、多軸操舵が可能である。
さすがに9軸もあるものはかなり巨大だ。
しかし、トラッククレーンのように高速走行が可能で、多軸操舵が可能なためラフタークレーンのように不整地での作業もこなすことができる。
今回はオールテレーンクレーンについてまとめてみたので、購入の際の参考にどうぞ。

オールテレーンクレーンの用途と種類

オールテレーンクレーンの外観2

オールテレーンクレーンの用途

 "オールテレーン"には"全地形型の"という意味があり、その言葉の通りオールテレーンクレーンは様々な場所で活躍する。
さらに巨大なクレーンを装備していながら小回り性能が高いので、狭い現場などでもその力を発揮する。
主な用途として、橋をかけたりする事が多いようだ。
ちなみに、国内で最大級のオールテレーンクレーンの吊上げ重量は550tほどであるが、世界最大級だと吊上げ重量は1200tにもなる。




オールテレーンクレーンの外観3

クレーンの種類

クレーン車(ユニック)
 クレーン車とは、平ボディトラックのキャビンと荷台の間にクレーンを搭載したものである。
古河ユニックの製品が有名なので、ユニックと呼ばれることもある。

トラッククレーン
 トラッククレーンとは、トラックの荷台がクレーンになっているトラックである。
トラック用運転席と、クレーン用運転席が別々になっている。

ラフタークレーン(ラフテレーンクレーン)
 ラフターとは、クレーン自身に走行機能を付けた移動式クレーンである。
四輪駆動、四輪操舵が可能で、不整地走行が得意である。
ホイールクレーンの一種であるが、主にホイールクレーンと言ったらラフターをさす。

クローラークレーン
 クローラークレーンとは、キャタピラを装着しているクレーンのことである。
より重い物を吊り上げることが可能だが、道路を自走できるものはほとんどない。

オールテレーンクレーンのメーカー

オールテレーンクレーンの外観4
 オールテレーンクレーンを購入する場合には、重機メーカーから購入することになる。
ここでは、代表的なメーカーを紹介する。

代表的なメーカー

【株式会社タダノ】
〒761-0102
香川県高松市新田町甲34
株式会社タダノのオールテレーンクレーンのページ:
http://www.tadano.co.jp/products/construction/crane/allter/

【株式会社加藤製作所】
〒140-0011
東京都品川区東大井1-9-37
株式会社加藤製作所のオールテレーンクレーンのページ:
http://www.kato-works.co.jp/products/allterr/list.html

【コベルコクレーン株式会社】
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-17-1
コベルコクレーン株式会社のオールテレーンクレーンのページ
http://www.kobelco-cranes.com/jp/product_w_crane/#2


~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

中古トラックを買いたいあなたにおすすめの記事
ロールオンとは
ラフタークレーン(ラフテレーンクレーン)とは
オールテレーンクレーンとは
クローラークレーンとは
バキュームダンパーとは

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)