車が水没した時の脱出方法とは

車が水没した時の脱出方法とは

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
車が水没した時の脱出法
 こんなことは起こってほしくはないが、台風などの豪雨や、河川の氾濫などで車やトラックが水没してしまう事故が起こる事がある。

 車に乗っていて水没してしまった際に、あなたならどのようにして脱出するだろうか。
今回は車が水没した時の脱出方法についてまとめてみたので、いざというときのために覚えていおいて欲しい。


              
                                                           

どれくらい水没しているのか

水没する車

車が走らなくなったら


【60cmほどの水没】
 水没するといっても、どれくらいまで水没してしまっているのかによって状況は変わってくる。

 まず、道路に水が氾濫していた場合、多くの人は、逃げられるところまで逃げようと走行を続けると思う。
しかし、一定の深さになるとエンジンが止まってしまうのだ。
乗用車で言うと、60cmくらいの深さでエンジン内に水が侵入してしまい、エンストする。
もしかすると、トラックのエンジンは乗用車よりも低い位置にあるため、もっと早くエンジンが止まるかもしれない。

 この時点では何事もなくドアを開けて外に出られるはずだ。
もしエンジンが止まってしまったら、エンジンキーをOFFにして、この段階で速やかに避難して欲しい。



水が腰まで来たら


【90cmほどの水没】
 エンジンが止まってから、しばらくすると車内に水が侵入してくるはずだ。
水が入ってくる箇所としては、エアコンの吹き出し口等がメインとなる。

 ドアの隙間からも水が入ってきそうだが、最近の自動車は騒音の低減のために、かなり密閉しているので水が入ることは少ない。
そのため、一気に腰くらいまでは浸水するだろう。

 腰くらいまで水没してしまうとパワーウインドウが故障し、窓を開けることが出来なくなってしまう可能性が高い。

 ある程度水没すると、ドアが開かなくなってしまうのではないかと不安になるが、この段階では、少し力を入れればドアは比較的簡単に開けることが可能だ。



水が首まで来たら

【110cmほどの水没】
 豪雨や河川の氾濫でどんどん水かさが増し、首の辺りまで水没してしまうと、運転手もかなりパニックになってしまっているだろう。

 こうなると、車の大部分の機能は働かず、反対に、バッテリーなどで感電する恐れすらあるほどだ。

 ここまで来るとドアも開かなくなってしまい...と言いたいところだがかなり強く押せば意外にもドアを開けることは可能のようだ。 ドアを開けて逃げる際には、水流に流されないように慎重に外に出よう。



河川に転落したら


【橋などが崩壊】
 本当に恐いのは、車ごと転落してしまうことだ。
まず着水すると、乗用車はエンジンの重さでボンネットから沈んでいく。

 水が入りだすと、一気に沈みだしてドアを開けることも出来なくなってしまう。
徐々に水没していくのとは違い、かなりの水圧がかかることでどんなに力を入れてもドアを開けることが出来なくなってしまうのだ。

水没した車から脱出する方法

シートベルトカッター
シートベルトカッター

1.シートベルトを外す


【まずはシートベルトを】
 水没してしまって慌てる前に、まずは冷静にシートベルトを外そう。
シートベルトを外さなければ、外に出ることは出来ないという理由もあるが、他にも理由がある。

 ある程度、浸水してからシートベルトを外そうとしても、水没による不具合が生じ、シートベルトが外れなくなってしまう場合があるのだ。


【シートベルトが外れなかったら】
 シートベルトが外れなかった時に備えて、シートベルトカッターを常備しておくと、いざというときに役に立つだろう。
キーホルダーサイズのシートベルトカッターもあるので、車のキーに付けておくのも良い。




ハンマー
ハンマー

2.窓を開けて脱出


【窓から逃げる】
 いきなり水位が増してドアが開かなくなる前に、窓を開けておこう。
こうすれば、窓から脱出することも可能になる。

 しかし、先述したとおり、ある程度まで浸水するとパワーウインドウが故障してしまう恐れがある。
少し古めのトラックなら、手動でくるくると回して窓を開けるタイプが多く浸水しても故障することは少ないだろう。


【窓が開かなかったら】
 もし窓が開かなかったら、その窓ガラスを割ってしまおう。
しかし、自動車の窓ガラスには強化ガラスを採用しているためちょっとやそっとじゃ割れないように作られている。
そこで、今回のような自体に備えて車のガラスを簡単に割る事ができるハンマーを車内に常備しておくと良いだろう。

 先述のシートベルトカッターと一体型になっているタイプもあるので、一つ持っておいても損はない。

 また、窓を割る際には、水圧の影響で、割れた窓ガラスが勢い良く車内に入ってくるので、目に入らないように十分気を付けよう。



3.完全に水没するのを待つ


【窓が割れなかったら】
 転落などでドアが開けられず、窓も割れなかった場合、どうすればいいのだろうか。

 これは、本当に最終手段という感じだが、車が完全に水没するのを待とう。
完全に水没することで、ドアに内側からも水圧がかかるため、ドアを開けることが出来るのだ。
しっかりと、息を肺に入れておいてから脱出をしよう。

水没車からの脱出方法に関する動画


おわりに

 いかがだっただろうか。
基本的には、水没し始めたらすぐにでも脱出することが重要となる。
その際に大切なことは、なるべく冷静になって対処するということだ。
あなたの車が水没してしまった時に、この記事が少しでも役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)