Q.自動車税は、いつの時点の所有者が払うの?

Q.自動車税は、いつの時点の所有者が払うの?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
自動車税を払うのは...
Q.自動車税の納税義務者は、いつの時点で車を所有していた人ですか?

車を所有している人には毎年自動車税を支払う義務があるが、車の売買などで名義が変わったりした場合、どの時点での所有者が支払うのだろうか。
今回は、いつの時点の所有者が自動車税を支払うのかについてお答えしよう。

自動車税について

お金

自動車税とは


【登録自動車の所有者が払う税金】
 自動車税とは、登録している(ナンバーの付いている)自動車の所有者が、登録した都道府県に支払う税金のことである。

 自動車税が未納だったりすると、車検を受けたりすることが出来なくなる。


【乗用車は排気量、貨物車は最大積載量】
 乗用車の税額は、その自動車の排気量によって決まるため、高級車や大型車は自動車税が高くなる。

 一方、トラックなどの貨物車は、最大積載量によって自動車税が決まるので、大きければ大きいほど高くなる傾向にある。

【Tips】
トラックの自動車税の税額について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にして欲しい。
トラックの自動車税早見表(平成25年度)と、グリーン化について



いつの時点での所有者が納税義務者か


【4月1日】
 自動車税を支払う「納税義務者」となるのは、いつの時点での所有者なのだろうか。

 4月1日午前0時時点での自動車の所有者が、納税義務者となる。
そのため、名義変更などを行う必要がある場合には、3月中に行っておく方がいいだろう。

こんな場合にはどうなる?

トラブルを起こす男
トラブルになることも...

4月に中古車を買ったら


【基本的には納税の義務はない】
 例えば、4月に中古車を購入するとしよう。
もちろん4月1日を過ぎているので、その車の自動車税は中古車を販売する者が支払うことになる。

 しかし決して安くはない自動車税を支払いたくない中古車業者の場合、月割の自動車税を請求してくることがあるそうだ。
この場合、法律的には購入者が自動車税の支払いをする必要はない。
※購入した中古車が新規登録で新たにナンバーを付ける場合を除く。



新規登録を行う場合


【月割の自動車税を支払う】
 ナンバーのない車やトラックで車検を取って、新たにナンバーを付ける場合はどうなるのだろうか。

 この場合は、自動車登録時に月割の自動車税を支払う必要がある。
そのため、購入した中古車がナンバーのないものだった場合には、あなたの名義の自動車税を中古車業者が立て替えて収めるため、月割の自動車税を請求される可能性がある。

おわりに

 いかがだっただろうか。
自動車税とは、4月1日時点での所有者が納税義務者となるということがおわかりいただけただろうか。
自動車の売買を行う際には、トラブルがないように事前に名義変更の日にちを決めておくのもいいだろう。
その際に、この記事が少しでも役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)