冬の燃費が夏の燃費よりも悪い理由とは

冬の燃費が夏の燃費よりも悪い理由とは

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
冬の方が燃費が悪い?
 燃費を常にチェックしている人なら気付いている人もいると思うが、実は季節によって燃費は変わってくるのである。

 特に冬と夏ではその差は顕著に現れるため、不思議に思う人が多いようだ。
そこで今回は、冬の燃費が夏の燃費よりも悪くなる理由についてまとめてみた。


              
                                                           

夏よりも冬の燃費が悪い!?

燃料計

どれくらい変わるのか?


 実際に、どれくらい燃費が変わるのかを、様々な車両の実燃費から確認してみよう。
※燃費は、走行の状況によって多少変わるので、参考程度に見て欲しい。

[トラックの燃費]
【三菱ふそう・キャンター】
  • 冬(12月):5.8km/L
  • 夏(7月):7.1km/L
  • 比率:-18%


【日野・レンジャー】
  • 冬(2月):3.1km/L
  • 夏(9月):4.2km/L
  • 比率:-26%


【いすゞ・エルフ】
  • 冬(12月):6.9km/L
  • 夏(9月):8.6km/L
  • 比率:-20%



[トラック以外の燃費]
【トヨタ・アクア】
  • 冬(2月):23.1km/L
  • 夏(8月):29.5km/L
  • 比率:-22%


【マツダ・ロードスター】
  • 冬(1月):11.8km/L
  • 夏(8月):13.5km/L
  • 比率:-13%


【ヤマハ・シグナス(バイク)】
  • 冬(1月):30.0km/L
  • 夏(9月):32.3km/L
  • 比率:-7%


 いかがだろうか。
夏に比べると冬の燃費は、平均するとおよそ20%近くも悪くなっていることがわかるだろう。

 なぜ、このようなことが起こってしまうのだろうか?
そこには、ちゃんと理由があるのだ。

冬に燃費が悪くなる理由

考える先生

エンジンを暖めるアイドルアップ


【冬はエンジンが冷えている】
 寒い朝などにエンジンを掛けると、しばらくはエンジンの回転数が上がったままの状態になる。

 これは故障でも何でもなく、エンジンの働きを良くするために回転数を上げてエンジンを温めているのだ。
自動車は、水温や外気温から冷えていると感知してアイドルアップする仕組みになっているため、寒い冬にはアイドルアップをするが、暑い夏にはアイドルアップしなかったり、短時間で終わるようになっている。
そのため、冬はアイドルアップする分、多くの燃料を消費するのだ。



冬と夏ではガソリンが出る量が違う


【空気の密度が異なる】
 一般的に、気温が低いと空気の密度が高くなるのをご存知だろうか。
反対に言えば、気温が高いと空気が膨張して密度が低くなるということでもある。

 すると、エンジンにガソリンと空気の混合気のバランスが冬と夏とでは少し変わってしまうことになる。
混合気の比率を崩さないように、空気の密度が高い冬には多くのガソリンを出すようにしている。
また、空気の密度が低い夏には、冬よりも少ないガソリンを出すようにコンピューターが計算しているのだ。

 「アイドルアップ」と「ガソリンの濃さ」
この2つの要因で冬のほうが燃費が悪くなると言えるだろう。

冬でも燃費を良くするために

低燃費を謳うアルプスの少女

エコドライブを心がける


【急の付く行為を控えよう】
 急発進・急ブレーキは、はっきりいって燃費に悪影響だ。
スムーズな発進と、落ち着いた減速を心がけるだけでも燃費に良い影響を与えるだろう。

 その他にもタイヤの空気圧を基準よりも少し高めにするのも燃費が良くなるなど、色々と燃費を良くする方法はあるのだ。
詳しくは以下の記事をご覧になっていただきたい。

【Tips】
燃費を良くする運転方法については、こちらの記事を参考にしていただきたい。
トラックの燃費を良くする9つの運転のコツ



エコな車に乗り換える


【トラックにもハイブリッド】
 極論になってしまうが、どうしても燃費を良くしたいのであれば、エコトラックやエコカーに乗り換えるのが手っ取り早いだろう。
最近では、トラックにもハイブリッド車や、天然ガス車、電気トラックなどの選択肢が増えているのだ。



おわりに

 いかがだっただろうか。
上記の理由から、冬の方が燃費が悪くなる。
そういった内容の記事だったが、例えば夏でもエアコンをガンガンに付けっぱなしにしていれば冬よりも燃費が悪くなる事は全然あることだ。
つまり、燃費を気にするのであれば、最低限「燃費を良くしよう」という気持ちで運転する必要があるという訳だ。
あなたが燃費について悩んでいる時に、この記事が参考になれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)