タイヤのセパレーションの原因と対策とは

タイヤのセパレーションの原因と対策とは

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
タイヤセパレーションの原因
 あなたは、タイヤセパレーションが原因でタイヤがバーストしてしまったり、新品のタイヤに交換したりした経験はないだろうか。

 今回は、タイヤセパレーションの種類とそれぞれの原因、またタイヤセパレーションを起こさないための対策方法などをまとめてみたので、もうタイヤセパレーションを起こしたくない方は役立てて欲しい。


              
                                                           

タイヤセパレーションについて

タイヤセパレーション

タイヤセパレーションとは


【タイヤが剥離してしまうこと】
 タイヤセパレーションとは、様々な原因でタイヤの内部が剥離(分離)してしまうことである。
タイヤの内部が剥離してしまうと、一部分だけ膨らんだり、空気圧に耐え切れずにゴムが破れて最悪の場合バーストしてしまったりするため、とても危険であると言えるだろう。

 もし、タイヤが膨らんだりしているのを発見したら、その日はスペアタイヤに履き替えてタイヤショップでタイヤを購入した方がいいだろう。


【タイヤセパレーションにも種類がある】
 一口にタイヤセパレーションと言っても、いくつかの種類に分けることが出来る。


 では、これらのセパレーションの原因について紹介していこう。

種類別セパレーションの原因

トレッドセパレーション
トレッドセパレーション

トレッドセパレーション


【主に空気圧不足が原因】
 トレッドセパレーションとは、タイヤのトレッドが剥離してしまうことで、以下に紹介するヒートセパレーションやカットによるセパレーションもトレッドセパレーションに含まれる。

 トレッドが剥離してしまう原因として多いのは、タイヤの空気圧不足、もしくは過荷重(過積載)などだ。
タイヤが極端に屈伸して剥離するため、トレッドの中でもショルダー部分に起こりやすい。


【はじめは一部分だが】
 上記のようにトレッドセパレーションを起こした場合、最初は極一部分だけが剥離を起こすのだが、気付かずに乗り続けるとタイヤ一周が剥離を起こし、バーストしてしまう。

 運転前にトレッドを点検することでバーストまで進行せずに済むかもしれない。




ヒートセパレーション
ヒートセパレーション

ヒートセパレーション


【高速走行による熱が原因】
 ヒートセパレーションとは、空気圧不足や高速走行による発熱が原因で剥離を起こしてしまうことだ。
トレッドセパレーションの中でも熱が原因のものをヒートセパレーションとも呼ぶ。

 ヒートセパレーションが起こると、トレッドがベトベトに変質してしまい、熱により内部のナイロンコードが硬化したりする。


【やはりバーストの危険が】
 ヒートセパレーションにしても、いきなりバーストするわけではなく、放置することでバーストする可能性が高くなる。
そのため、タイヤがベトベトになっているのを発見したら、新しいタイヤに交換する必要がある。




衝撃によるセパレーション
衝撃によるセパレーション

衝撃によるセパレーション


【縁石などに乗り上げる事が原因】
 衝撃によるセパレーションとは、主に縁石などに乗り上げたりする衝撃で内部のワイヤーが切れてしまうことが原因で剥離してしまうことだ。
剥離部分は膨らんでしまうので、比較的気付きやすいはずだ。


【気付いたら素早くタイヤ交換を】
 もちろん、この場合もそのまま乗り続けるとバーストしてしまう危険がある。
運転中にハンドルがブレたり、目視でセパレーションを確認したらすぐにタイヤを交換しよう。




カットによるセパレーション
カットによるセパレーション

カットによるセパレーション

【砂などの侵入が原因】
 トレッドに気付かない程のヒビ割れができることがあるが、このヒビに砂利や水などが入り込み、タイヤ内部の密着力が低下することで剥離を起こしてしまう。


【なかなか気付きにくい】
 カットによるセパレーションは、あからさまに膨らんだりするわけではなく、タイヤの表面が剥離するため、なかなか気付きにくい。

 ただ、セパレーションしている部分は他の部分よりも柔らかくなっているので、触って点検することで発見することができるだろう。




チェーファーセパレーション
チェーファーセパレーション

チェーファーセパレーション


【発熱や空気圧不足が原因】
 チェーファーセパレーションとは、タイヤのビード部分(ホイールとの境目あたり)が剥離を起こして膨らんでしまうことだ。
具体的には、タイヤ内部のチェーファー周辺が剥離を起こしているのである。

 チェーファーセパレーションを起こしてしまう原因は、タイヤとホイールが合っていなかったり(ひっぱりタイヤなど)、空気圧不足や高速走行による発熱が多い。


【すぐにタイヤ交換を】
 チェーファーセパレーションは側面が膨れ上がるため、目視で簡単に発見することが出来る。
もし、チェーファーセパレーションを発見したら、バーストする前にタイヤ交換を行おう。

タイヤセパレーションを起こさないための対策

 タイヤセパレーションには様々な種類があるということがおわかりいただけたと思う。
しかし、その主な原因となっているのは、以下のような事だ。

  • タイヤの空気圧不足
  • 極端な高速走行
  • 過積載(過荷重)
  • タイヤとホイールが不適合

 タイヤセパレーションを未然に防ぐには上記の状態で走行してはいけないという事である。
対策としては、空気圧の管理を徹底し、極端な高速走行を避けるという当たり前のことをすることで、タイヤセパレーションの可能性はグッと下がるだろう。
あなたもタイヤセパレーションの対策に、この記事を役立てていただければ幸いである。

【Tips】
タイヤの空気圧に関しては、こちらの記事を参考にしていただきたい。
トラックのタイヤの空気圧、入れ方や目安について

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)