新品タイヤの黄色や赤色のマークとは?

新品タイヤの黄色や赤色のマークとは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
タイヤの黄色と赤色の印とは
 新品のタイヤの側面に黄色と赤色のマークがあるのをご存知だろうか。

 このマークはタイヤとホイールを組み込む時の目印になるのだが、赤と黄色の印の位置はタイヤによってバラバラなのだ。
今回は、このタイヤにある黄色と赤色のマークについてまとめてみたので、ぜひ読んでみて欲しい。

軽点とユニフォミティマーク

黄色のマークは軽点

黄色のマークは「軽点」


【一番軽い部分】
 まずは、黄色いマークについて説明しよう。
この黄色いマークは「軽点」と言いタイヤの中で一番軽い部分に付けられている。

 お気付きの方もいると思うが、タイヤは一周を通して重さにバラつきがあるということである。
そのため、タイヤとホイールを組み込んだ際にバランスが悪くならないように「ここが一番軽い」ということを示してしるのだ。

 ちなみに輸入タイヤには軽点が付いていないタイヤが多い。


【ホイールのバルブ部分に合わせる】
 ホイールにタイヤを組み込む際には軽点とホイールのバルブがあるところを合わせて組み込むのが一般的だ。
というのも、バルブの分だけ重くなっているからという発想なのである。

 しかし、ホイールの重量バランスも完璧ではないので、組み上げた後にはバランサーと呼ばれる機械でタイヤ全体のバランスを計算する。
軽いと思われる場所のホイールにおもりを貼り付けて全体の重さを均一にするのだ。




赤色のマークはユニフォミティマーク

赤色のマークは「ユニフォミティマーク」


【外径が大きい部分】
 赤色のマークは「ユニフォミティマーク」と言い、タイヤの外径が一番大きい部分に付けられている。

 これはタイヤの製造工程で生じるのだが、カーカスと呼ばれる骨格を形成する部分がタイヤの内側を一周しており、始めと終わりの部分が重なってしまい、その部分だけ少し外径が大きくなってしまうのだ。


【新車時のホイールに合わせる】
 ユニフォミティマークは、主に新車時に組み込まれる時に活用されるマークである。

 というのも、新車のホイールには外径が一番小さくなる部分に青か白のマークが付いていて、そこに合わせてタイヤを組み込むのだ。
そうすることで、真円により近い状態で組み込むことが出来るのである。

 しかし、ホイール側のマークはいずれ消えてしまい、次回タイヤ交換をする時にはユニフォミティマークに合わせて組み込む事が出来ない。
そのため、新車以外の場合は、上記で紹介した「軽点」とエアバルブを合わせて組み込むのである。

 ちなみに、それを嫌がる人は、ホイール側のマークが消えないように印を付け続けるそうだ。
また、輸入タイヤにはユニフォミティマークがないタイヤが多い。

タイヤの組み上げに関する動画

 この動画は、ホイールにタイヤを組み込む様子を撮影したものだ。
多少わかりにくいかもしれないが、黄色い軽点とバルブの位置を合わせて組み上げている。


おわりに

 いかがだっただろうか。
黄色のマークは「軽点」と言いタイヤの軽い部分表し、赤色のマークは「ユニフォミティマーク」と言いタイヤの外径が最も大きい部分を表しており、これらはタイヤとホイールを組み込む際の目印であるということがおわかりいただけたと思う。
この記事が少しでもあなたの役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

こんにちは。初めまして。
>黄色のマークは「軽点」・・大変役に立ちました。

ありがとうございます。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)