スタンディングウェーブ現象とは?原因と対策

スタンディングウェーブ現象とは?原因と対策

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
スタンディングウェーブ現象
 スタンディングウェーブ現象という言葉を聞いたことがあるだろうか。

 タイヤが波を打つ大変危険な現象なのだ。
今回は、スタンディングウェーブ現象についてまとめてみたので、自動車を運転する人には是非とも読んでいただきたい。


              
                                                           

スタンディングウェーブ現象について

バーストしたタイヤ

スタンディングウェーブ現象とは


【タイヤが波打つ】
 スタンディングウェーブ現象とは、高速走行をした際にタイヤが変形して波打つ現象のことである。
タイヤには常に車両重量分の荷重がかかっているため、少しだけ潰れているというのはご理解いただけるだろう。

 高速走行をすることで、この潰れた部分が後方へ伝わり、元の形状に戻ろうとするが、その前に潰れた部分が一周してしまいグニャグニャと波打ってしまうのである。


【運転手は気付きにくい】
 タイヤが波打っても、タイヤの接地面にはさほど影響が出ない為、運転手や同乗者はなかなか気付く事ができないのだ。

 では、スタンディングウェーブ現象が起こるとどうなってしまうのだろうか?



バーストの危険が高まる


【熱によりバースト】
 スタンディングウェーブ現象で最も恐ろしいのは、バーストする危険がとても高くなるということだ。

 おそらく、スタンディングウェーブ現象が起きていながら気付けずに走行し続けたら高確率でバーストするだろう。
それほど危険な現象なのである。

 なぜバーストしてしまうのかというと、タイヤが加熱されてしまうからだ。
タイヤ全体が波打った状態で走行するというのは、タイヤを揉み続けながら走行するのと同じ状態であり、すぐに熱を持ってしまうのである。

 そのため、なぜスタンディングウェーブ現象が起こるのか、また、起こさないための対策を知る必要がある。

スタンディングウェーブ現象の原因と対策

空気を入れる女性

スタンディングウェーブ現象が起こる原因


【低空気圧が原因?】
 なぜ、スタンディングウェーブ現象が起きてしまうのかというと、以下の原因が考えられる。

[スタンディングウェーブ現象の原因]
  • 速度超過
  • 過積載
  • 空気圧が低い

 これらは、全てタイヤに負担のかかる行為であるということを覚えておこう。

【Tips】
走行中にスタンディングウェーブ現象が起きたと感じたらすぐに速度を落として空気圧をチェックしよう。




スタンディングウェーブ現象の対策


【タイヤの空気圧管理】
 スタンディングウェーブ現象を防ぐのに効果的な対策は、
タイヤの空気圧を常に管理しておく事だ。

 特に、高速道路に乗る前には必ず空気圧をチェックしよう。
また、空気圧を規定値よりも少し高めに入れておくことで燃費の改善も見込める。
トラックのタイヤの空気圧、入れ方や目安について


【過積載をしない】
 過積載に関しては、荷主に断れずについつい積み過ぎてしまったという経験をお持ちの方もいるのではないだろうか。
荷主に、過積載の危険を十分に説明して断れるように努力した方が身のためである。


【スピードを抑える】
 スピードを抑えるのはトラック運転手としては基本中の基本だが、高速道路などではスピードを出しすぎてしまうこともあるだろう。
バーストの危険性を考慮して運転するように心がけたい。

スタンディングウェーブ現象に関する動画

 この動画は、スタンディングウェーブ現象の発生からバーストするまでの実験の様子を撮影したものだ。
ご覧のとおり、タイヤがかなり波打っていることがわかるだろう。


おわりに

 いかがだっただろうか。
スタンディングウェーブ現象がいかに危険な現象であることを、おわかりいただけたと思う。
車両重量の全てを支えるタイヤだからこそ点検を怠らずにいたいものだ。
この記事が、少しでもあなたの役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)