テールゲートダンプとは

テールゲートダンプとは

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加

テールゲートダンプの形状

テールゲートダンプとは
 あなたは、テールゲートダンプというダンプをご存知だろうか。

 一見すると通常のダンプと変りないが、通常のダンプトラックとはある部分が少し違うダンプなのだ。
今回は、テールゲートダンプについてまとめてみたので、ダンプ選びの参考にして欲しい。

テールゲートダンプの用途

岩を積みやすい

テールゲートダンプの用途


【テールゲートダンプとは】
 通常、ダンプトラックといえば荷台をダンプアップした際に後方のアオリの下部が開くようになっている。
アオリが開いた隙間から土砂をどんどん降ろすことができるのだ。

 それに対し、テールゲートダンプとは、後方のアオリの上部が開くようになっているのだ。
そのため、「上開き式テールゲートダンプ」「フラッティゲートダンプ」、ダンプアップした際の形状から「Lゲートダンプ」や、Flatの頭文字を取って「Fゲートダンプ」などとも呼ばれている。


【岩石でも荷降ろし可能】
 テールゲートダンプの最大のメリットは、大きな岩などを積んだ際にも容易に荷降ろしすることが可能ということである。

 というのも、先述したとおり通常のダンプトラックは、荷台のアオリの下部が開くため、大きな岩石などはアオリの上部に引っかかってしまうのだ。
それに対し、テールゲートダンプの場合、ゲートが上開きなので岩が引っかかることなくスムーズに降ろすことができるのである。

 また、基本的には大きなものを運搬することを前提として作られているので、荷台の剛性が高いものが多い。





深ダンプ

テールゲートダンプに関連するトラック


【ダンプトラック】
 ダンプトラックとは、主に土砂を運搬するトラックで、荷台を傾けることが出来るトラックである。

 工事現場などで見かけることが多い。
詳しくはこちらの記事を参考にして欲しい。
ダンプとは


【深ダンプ】
 深ダンプとは、深いアオリを持つダンプトラックのことである。
土砂を積載することが出来ないので、土砂禁ダンプと呼ばれることも多い。

 主に、バラ物を積むことが多い。
詳しくはこちらの記事を参考にして欲しい。
深ダンプ(土砂禁止ダンプ)とは

テールゲートダンプに関する動画


テールゲートダンプを製造しているメーカー

極東開発のテールゲートダンプ
 テールゲートダンプを新車で購入するには、トラックと荷台は別々に注文しなくてはならない。
そこで、テールゲートダンプを製造しているメーカーを紹介しよう。

 また、中古トラックを探す場合には出来合いのテールゲートダンプを探せば良いだろう。

【新明和工業】
〒665-0052
兵庫県宝塚市新明和町1-1
TEL:0798-56-5000
[公式サイト]
エフゲート付リヤダンプトラック


【極東開発】
〒663-8545
兵庫県西宮市甲子園口6-1-45
TEL:0798-66-1000
[公式サイト]
フラッティゲート付土砂ダンプ


~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)