Q.タイヤのサイドウォールのキズや亀裂の対処法は?

Q.タイヤのサイドウォールのキズや亀裂の対処法は?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
サイドウォールのキズ
Q.タイヤのサイドウォールに傷が付いてしまったのですが、このまま乗っていても大丈夫ですか?
また、修理は可能でしょうか?

タイヤのトレッドなら釘などが刺さりがちだが、縁石などでサイドウォールにを付けてしまうことも良くあるようだ。
そこで今回は、タイヤのサイドウォールに傷や亀裂が入ってしまった時の対処法をまとめてみた。


              
                                                           

キズや亀裂の原因

傷ついたサイドウォール
傷ついたサイドウォール

縁石などにぶつけてできるキズ


【タイヤのキズとは】
 タイヤのキズと言うと、左の画像のように、何かにぶつけた
あるいは何かが刺さった跡のような物を傷と呼ぶ。


【キズが付く原因】
 タイヤに傷が付く原因として、最も多いのは、ネジや釘を踏みつけてしまうことだ。
しかし、ネジや釘を踏むだけではサイドウォールに傷が付く事は少ないだろう。

 サイドウォールに傷が付いてしまう一番の原因は、縁石などの高さのあるものにタイヤが接触してしまう事だ。
特に後輪は、内輪差を読み違えてぶつけてしまうことが多いのだ。




亀裂の入ったサイドウォール
亀裂の入ったサイドウォール

経年変化で生じる亀裂


【亀裂とは】
 タイヤのひび割れとは、左の画像のように、細かい無数のひびが入っている状態のことだ。
クラックとも言われており、主にサイドウォールに発生しやすい。


【亀裂の原因】
 亀裂が入る原因は、経年変化だ。
タイヤはゴム製なので、新品から時間がたつと少しづつクラックが発生してしまうのである。

 また、クラックを促進してしまう要因として以下の事が挙げられる。


[クラックを促進する要因]
  • 空気圧不足状態での使用
  • 過度な洗車や、つや出し剤の使用
  • 直射日光の当たる場所での保管
  • 車自体をあまり使用しない


キズや亀裂を発見した時の対処法

修理不可
修理不可

サイドウォールのキズは修理不可能


【キズを見つけたら交換すべし】
 サイドウォールに付いてしまったキズは、修理することが出来ない。
そのため、新しいタイヤに交換するしか手段はないのである。


【Warning】
 空気が抜けていないから大丈夫だと思ってそのまま乗り続けてしまう人もいるようだが、サイドウォールのキズは実はかなり危険なのだ。
「どうせパンクするくらいでしょ?」と思っている人も多いが、サイドウォールに入ったキズを放置して乗り続けると、バーストの危険がグッと高まる。



亀裂は度合いによる


【亀裂を見極める】
 ひび割れに関しても修理することが出来ないという点においては、キズと変わらない。
しかし、亀裂が入っているからと言ってすぐにタイヤを交換するしかないわけではない。
ひび割れは、その度合によって交換時期かどうかを見極める必要があるのだ。


【亀裂の段階】
 日本自動車タイヤ協会では、タイヤのクラックの発生レベルを5段階に分けることで、ユーザーに注意喚起を促している。
下の画像を見てもらえばわかるが、レベル5になるとかなりのひび割れを起こしている。
各レベル別の対応は以下を見てもらえばわかる。


[各レベル別の対応]
  • レベル1:継続使用可能
  • レベル2:継続使用可能
  • レベル3:継続使用可能(要経過観察)
  • レベル4:継続使用可能(要経過観察)
  • レベル5:要交換(危険)

各レベル別


おわりに

 いかがだっただろうか。
タイヤのサイドウォールにキズや亀裂が入ってしまったら、修理することは出来ず、交換するしかないということがおわかりいただけただろう。
また、交換するのが億劫だからと言って乗り続けてしまうとバーストする可能性が高いため、キズを発見したらすみやかにタイヤを交換しよう。
その際に、この記事が少しでも役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)