雪道で運転するコツ!坂道発進など

雪道で運転するコツ!坂道発進など

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
雪道での運転のコツ
 雪道では運転が難しい。
恐らく、雪国育ちではない人はそう思っているはずだ。

 そこで今回は、雪道を運転する際のコツを紹介しよう。
あなたが、雪道運転を苦手としているのなら是非参考にしていただきたい。


              
                                                           

雪道を運転する前に気を付けること

車に積もった雪

あなたの車はFF?FR?4WD?


【自分の車について知る】
 まずは、あなたの車の駆動軸が前輪駆動なのか後輪駆動なのかを確認しておく必要があるだろう。
説明書等に記載されているはずだ。

[FF(前輪駆動)の場合]
 あなたの車が前輪駆動なら、雪道を走行するのは苦手な車ではないはずだ。
慣れている人なら問題なく運転することができるだろう。

[4WD(四輪駆動)の場合]
 あなたの車が4WDの場合、雪道を走行するのは比較的簡単なはずだ。
気を付けて運転すれば難しくないだろう。

[FR(後輪駆動)の場合]
 あなたの車が後輪駆動だった場合、正直に言うと雪道の運転にはかなりのテクニックが必要となるだろう。
雪国育ちの人なら後輪駆動の車の購入を避けるほどだ。


 これらを踏まえた上で、運転のコツについて触れていこう。



最低でもスタッドレスタイヤを...


【雪道でのノーマルタイヤの使用は違反かも】
 雪道を運転するなら、最低でもスタッドレスタイヤを装着しておくべきだ。
さらに、いざというときのためにタイヤチェーンも車内に用意しておいた方がいいだろう。

 また道路交通法により、各都道府県では雪道を運転する際の規定があるのをご存知だろうか。
これを違反すると、反則金を支払うことになるので、事前に確認しておいたほうがいいだろう。

 詳しくは、こちらの記事を読んでもらいたい。
雪道をノーマルタイヤで走行するのは違反!?


雪道を運転する際のコツ

雪道を運転する車

発進時はアクセルを踏み込むな


【アクセルは徐々に】
 雪道では、発進時にアクセルを踏み込むと、トラクション
(タイヤが路面に伝える力)がうまくかからずに雪の上で空転してしまうのだ。

 オートマ(AT)の場合、ブレーキを離してクリープ現象を最大限に利用することを心がけよう。
クリープ現象で進みだしたらやさしくアクセルを踏み出す感じだ。

 マニュアルの場合は、1速に入れてたら、エンストしてしまうかも知れないと思うくらいに出来る限りゆっくりクラッチを繋ごう。
アクセルを踏まずに半クラで進みだしてもいいだろう。
無事に発進することができたら、すぐに2速(セカンド)に入れてしまったほうがいい。
普段よりも速くギヤチャンジを行うことで、低トルクで滑りにくい走行をすることができる。



エンジンブレーキを活かせ


【フットブレーキはなるべく踏むな】
 急ブレーキをかけるのはもちろんNGだが、出来る限りフットブレーキは踏まないほうがいいだろう。
減速する際には、エンジンブレーキを存分に効かせるのがポイントだ。

 オートマ(AT)の場合、減速したくなったらシフトレバーを「Dレンジ」の一つ下の「3」(車種によってはセカンド)に入れてエンジンブレーキを効かせよう。
40km/h以下くらいでシフトを切り替えると良いだろう。
あまり高速の状態でシフトチェンジをするとかえって滑りやすくしてしまう。

 マニュアル(MT)の場合、クラッチを切ったらしっかりとアクセルを煽ってシフトダウン後の回転数を上手く合わせるようにシフトダウンを行うようにする。
無理にシフトダウンを行うとオートマ同様にかえって滑りやすくなるだろう。



しっかり減速してからカーブを曲がれ


【スリップする可能性がある】
 カーブを曲がる際には、しっかりと減速してから曲がらないとスリップしてしまう可能性が高い。
特に後輪駆動車は要注意だ。

 上記の方法で停車するくらいに減速すればスリップの可能性はかなり減るだろう。


【Tips】
スリップしてしまった時の対処方法については、こちらの記事を参考にして欲しい。
雪で車がスリップしたらどうするか?対処法など



坂道(上り坂)での発進


【どうしようもない時はタイヤチェーンを】
 雪が積もった坂道発進は、確かに難しいかもしれない。
特に後輪駆動車(FR車)は滑りやすいので、発進時に滑ってしまったら、なかなか登ることが出来ないだろう。

 クリープ現象を最大限に活かして少しづつ勢いを付けて登るのが基本だ。
それでも登ることが出来ない場合にはタイヤの前後に砂を撒くという手段もある。
特に後輪駆動車に乗っている方は、車内にバケツいっぱいの砂を用意しておくのも良いだろう。

 登ることも出来ず、砂もない場合にはタイヤチェーンを装着して登るしかないだろう。
しかしその場合、坂のふもとまで戻らなくてはならないのだが...

 周りに人がいる場合には、車を押してもらえるように頼んでみるのも良いだろう。



坂道を下るとき


【登ってくる車を優先する】
 坂道は、何もしなくても下って行ってしまうが、下ってから止まるのが大変なのである。

 坂道を下り終わった時にしっかりと止まれるようにするにはエンジンブレーキをしっかりと効かせてゆっくりと下ることがポイントとなる。

 また、登ってくる車を発見したら、そちらの車を優先してあげよう。
あなたは下ることができるが、相手は一度止まると登ることが出来なくなってしまう可能性があるからだ。

雪道での運転についての動画

 この動画は、雪道での運転のコツを紹介してくれているものだ。
言葉だけでは伝わりにくいところもあると思うので、この動画を合わせて見て欲しい。


おわりに

 いかがだっただろうか。
雪道での運転はかなり神経を消耗するので、いつもよりもかなり疲れてしまうだろう。
この記事を参考に、少しでも雪道運転に慣れていただければ幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)