Q.スタッドレスタイヤは夏でも使用していいの?

Q.スタッドレスタイヤは夏でも使用していいの?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
スタッドレスタイヤは夏でも使用可能?
Q.スタッドレスタイヤは夏でも使用していいの?

段々と暖かくなってくると、スタッドレスタイヤからノーマルタイヤに戻す人が増えてくるだろう。
しかし、中には面倒臭がって1年中スタッドレスタイヤのままという人もいるようだ。
今回は、冬以外でスタッドレスタイヤを使用するとどうなるのかについてまとめてみた。

スタッドレスタイヤは制動距離が長い

急ブレーキに注意

スタッドレスタイヤ VS ノーマルタイヤ


【急ブレーキに注意】
 スタッドレスタイヤは、ノーマルタイヤと比較すると、ブレーキを踏んでから車体が止まるまでの制動距離が長くなる事がわかっている。

 これは、雪のない乾いた路面ではもちろん、雨のような濡れた路面においてもノーマルタイヤの方が優れた制動性能を発揮するのだ。
そのため、ノーマルタイヤなら止まれたであろう距離でもスタッドレスタイヤでは止まることが出来ないのである。


【Tips】
実際に、夏にスタッドレスタイヤを装着していた車が、追突事故を起こしたのだが、もしその車がノーマルタイヤを装着していたのなら、前方車両の手前で止まることが出来ただろう。




ブレーキ性能実験データ


【乾いた路面】
 実際に、ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの制動距離について実験したデータがあるので紹介しよう。
まず、乾いた路面での実験だ。

[ノーマルタイヤ]
  • 車両:トヨタ・プリウス
  • 天気:晴れ
  • タイヤ:ノーマルタイヤ(7分山)
  • 速度:80km/h
  • 制動距離:18.8m


[スタッドレスタイヤ]
  • 車両:トヨタ・プリウス
  • 天気:晴れ
  • タイヤ:スタッドレスタイヤ(7分山)
  • 速度:80km/h
  • 制動距離:24.5m


 ご覧のとおり乾いた道路では、ノーマルタイヤに対してスタッドレスタイヤは5.7m(130%)も制動距離が伸びている事がわかる。


【濡れた路面】
 では、濡れた路面ではどのような結果になるだろうか。

[ノーマルタイヤ]
  • 車両:トヨタ・プリウス
  • 天気:晴れ(路面とタイヤに水をかけた)
  • タイヤ:ノーマルタイヤ(7分山)
  • 速度:80km/h
  • 制動距離:19.4m


[スタッドレスタイヤ]
  • 車両:トヨタ・プリウス
  • 天気:晴れ(路面とタイヤに水をかけた)
  • タイヤ:スタッドレスタイヤ(7分山)
  • 速度:80km/h
  • 制動距離:36.2m


 以上のように、濡れた道路ではノーマルタイヤと比べてスタッドレスタイヤは16.8m(187%)も制動距離が伸びている事がわかる。
これでは、気を付けて運転していても交通事故を起こす可能性は高いといえるだろう。

燃費も悪く、摩耗も速い

燃費が悪い

スタッドレスタイヤは燃費が悪くなる


【10%程度は違う】
 スタッドレスタイヤは、ノーマルタイヤと比較した時に転がり抵抗が多いため、燃費が悪くなると言われている。

 実際に、日常的に燃費を計算している人のデータによると、およそ10%は変わってくるようだ。

 スタッドレスタイヤで燃費が10km/L、ノーマルタイヤで燃費が11km/Lの車で、冬以外の8ヶ月を8,000km走行したとしよう。
スタッドレスタイヤを履き続けた場合、燃料はおよそ800L必要になる。
それに対してノーマルタイヤの場合、燃料はおよそ727L必要になる。
比較すると73Lの差があり、燃料が1Lあたり150円だったと仮定するとおよそ10,950円の差が出るのだ。



スタッドレスタイヤは磨耗も早い


【柔らかい素材で出来ている】
 スタッドレスタイヤは、積雪した道路での使用を想定して作られているのはご存知だろう。

 雪道での性能を上げるために、ノーマルタイヤよりも柔らかい素材でタイヤを製造しているのだ。
そのため、雪道以外で使用を続けると消しゴムのようにすぐに磨り減ってしまう。

 そのため、ノーマルタイヤ代わりに使用するには結果的にコストがかかってしまうと言える。

スタッドレスタイヤとノーマルタイヤの比較動画

 この動画は、先述した制動距離の実験を撮影した動画だ。


まとめ:冬以外はノーマルタイヤを装着するべき

 いかがだっただろうか。
上記で説明してきたとおり、冬以外でスタッドレスタイヤを装着するメリットはほとんどない
という事がおわかりいただけたと思う。
かえってメリットどころか制動距離が伸びて危険が増えるだけである。
こういった理由から、雪の季節が終わったら面倒臭がらずにノーマルタイヤに戻してもらいたい。
この記事が少しでもあなたの役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)