Q.プロジェクターヘッドライトの仕組み・構造とは?

Q.プロジェクターヘッドライトの仕組み・構造とは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
プロジェクターヘッドライトの仕組み
Q.プロジェクターヘッドライトの仕組み・構造とはどうなっているのですか?

近年、トラックにも採用されることがあるプロジェクターヘッドライトは、見た目もキレイでドレスアップにも最適なヘッドライトだ。
今回は、そんなプロジェクターヘッドライトの仕組み・構造について紹介しよう。

プロジェクターヘッドライトの仕組み・構造

リフレクターヘッドライト
リフレクターヘッドライト

プロジェクターヘッドライト
プロジェクターヘッドライト

リフレクターのカットライン
リフレクターのカットライン

プロジェクターのカットライン
プロジェクターのカットライン

プロジェクターヘッドライトとは


【均一に照射することができる】
 プロジェクターヘッドライトとは、水晶の様な透明な球体のような見た目のヘッドライトだ。

 従来のリフレクターヘッドライトは、照らさなくてもいい
ところまで照らし、光が分散されてしまう傾向にあったが、
プロジェクターヘッドライトを使用すると、照らすべきところを均一にハッキリと照らすことが出来るのだ。


【メリット】
 プロジェクターヘッドライトは、幅広く、遠くまで照らすことが出来る。

 また、照らす箇所と、照らさない箇所の区別がハッキリしている(カットラインがキレイ)というのもメリットと言えるだろう。


【デメリット】
 プロジェクターヘッドライトのデメリットは、リフレクターヘッドライトよりも「暗い」というところにある。

 そのため、プロジェクターヘッドライトが販売された際には人気が出たが、実用性がないという事で下火になってしまったのだ。

 また、安価なリフレクターヘッドライトと比べるとコストもかかるというデメリットもある。

 そんなプロジェクターヘッドライトを救ったのが、キセノンヘッドライトだ。
キセノンヘッドライトと組み合わせることで、デメリットである「暗さ」を克服したのだ。


【Tips】
キセノンヘッドライトについて詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にして欲しい。
Q.キセノンヘッドライトとはなんですか?





プロジェクターの内部
プロジェクターの内部

仕組み・構造


【プロジェクター内部の秘密】
 従来のリフレクターヘッドライトは、バルブが発した光をヘッドライトの内部にあるリフレクターが反射させることで前方に光を照らすとう仕組みになっている。
ただ、この仕組みだと一点を照らすような光を放つことは出来ずに、様々な方向に光が漏れるのだ。

 対してプロジェクターヘッドライトは、この小型なプロジェクターの中にリフレクターを内蔵しており、反射させた光を球面のレンズに集め、光の屈折を利用して下方向のみ照らすことを可能にしたのだ。
そのため、キレイなカットラインになるのである。


プロジェクターヘッドライトに関する動画

 この動画は、プロジェクターヘッドライトを装着した車が走行している様子を撮影したものだ。
ご覧のとおり、照射されている部分とそうでない部分の差がくっきりしていてキレイなカットラインであることがわかる。



おわりに

 いかがだっただろうか。
プロジェクターヘッドライトとは、プロジェクター内部にリフレクターがあり、それを球面の
レンズ(プロジェクター)に集めて照らしているという事がおわかりいただけただろうか。
この記事が、少しでも役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

中古トラックを買いたいあなたにおすすめの記事
Q.スタッドレスタイヤは夏でも使用していいの?
Q.高速道路でガス欠は違反?罰金は?
Q.プロジェクターヘッドライトの仕組み・構造とは?
Q.キセノンとHIDの違いとは?
Q.キセノンヘッドライトとはなんですか?

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)