エアブレーキ車は特に注意のバタ踏みとは

エアブレーキ車は特に注意のバタ踏みとは

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
バタ踏みとは
 バタ踏みという言葉をご存知だろうか。
あまり聞き馴染みのない言葉ではあるが、特にエアブレーキを採用しているトラックではブレーキのバタ踏みに注意しなくてはならない。

 そこで今回は、バタ踏みとはなにか、なぜエアブレーキ車では気を付ける必要があるのかについてまとめてみた。

バタ踏みとは

バタバタ踏む
【バタバタ踏む】
 バタ踏みというのはその名前からも連想することが出来るように、ブレーキペダルなどを踏み込んだり緩めたりを短時間のあいだに繰り返すペダル操作のことだ。

 一般的にはブレーキペダルに使用されることが多い用語だが
アクセルペダルを均一に踏み込んで車両の速度を一定に保っておくことが出来ない人の場合、アクセルペダルでもバタ踏みしていることがある。

 では、なぜエアブレーキのトラックでは、ブレーキのバタ踏みに注意する必要があるのだろうか。


エアブレーキとバタ踏みの関係

トラックのエアメーター

空気圧不足を招く


【エアタンクが空になる】
 エアブレーキは空気圧の力を利用したブレーキシステムだ。
エアブレーキを踏み込むと圧縮された空気がブレーキに圧力をかけ、ペダルを離した時にその空気が抜けるという仕組みになっている。

 つまり、不用意にブレーキをバタ踏みすると空気の無駄遣いとなってしまい、エアタンク内の空気が無くなってしまう。
そうなってしまうと、いざ停車したい時にエア不足でブレーキが効かなくなってしまうのだ。


【エアメーターをチェック】
 エアシステムを搭載しているトラックには、メーターパネル内にエアタンクの量を見ることが出来るエアメーターがある。
走行中は、エア不足にならないように、しっかりとエアメーターをチェックしよう。

 ちなみに、普通に走行していればエアは貯まる仕組みになっているが、警報ブザーが鳴ってしまうほどエア不足になってしまったら、どこかの駐車場でしばらくアイドリングをして空気を貯めよう。


【Tips】
エアブレーキについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にして欲しい。
Q.エアブレーキの仕組みとは?踏み方のコツなどは?





トラックの追突事故

事故の原因にも...


【実際に起こる事故】
 実際に、エアブレーキのバタ踏みをしすぎて空気圧不足になってしまい、停車時に必要な空気圧が足りずに追突してしまう事故が起こっているのだ。

 そのため、エアブレーキ車の場合は十分に注意して運転しなければならない。


【その他のブレーキ関係の事故】
 エアブレーキのバタ踏みの他にも、ブレーキ関係の事故は多い。

 例えば、長い下り坂をフットブレーキだけで下ると「フェード現象」や「ペーパーロック現象」を起こしてしまい、追突することがある。
坂を下る際には、エンジンブレーキを多用してなるべくフットブレーキを使用しないようにしよう。

 他にも、過積載が原因で十分な制動力を得られずに追突してしまうこともある。
積載量は、そのトラックにあった量に設定されているので、荷物を積む時には十分注意しよう。

おわりに

 いかがだっただろうか。
バタ踏みとは、必要以上にペダルを踏み込んだり緩めたりする操作のことである。
そのバタ踏みが原因となり、エア不足で事故を起こす可能性があるということも頭に入れておこう。
この記事が、少しでもあなたの役に立てれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

中古トラックを買いたいあなたにおすすめの記事
東水戸道路の料金表
東京湾アクアラインの料金割引が延長!継続はいつまで?
エアブレーキ車は特に注意のバタ踏みとは
仙台南部道路の料金表
車が雪で立ち往生した時の対処法と対策

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)