センターアクスル式フルトレーラーの仕組み・構造とは

センターアクスル式フルトレーラーの仕組み・構造とは

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
センターアクスル式フルトレーラー
 トレーラーといえば、日本ではセミトレーラーが主流だが、もちろんフルトレーラーも走行している。
割りと珍しいフルトレーラーだが、大きく2種類に分けることができることをご存知だろうか。

 その中から今回は、センターアクスル式フルトレーラーの
仕組みや構造についてまとめてみたので参考にして欲しい。


              
                                                           

センターアクスル式フルトレーラー

車軸が中央に集まっている

中央に車軸があるフルトレーラー


 センターアクスルとは、センター(中央)にアクスル(車軸)があるという意味がある。
つまり、トレーラーを見た際に中央に車軸があるものはセンターアクスル式フルトレーラーだと思って間違いないだろう。

 ちなみに、もう一種類のドリー式フルトレーラーはトレーラーの両端に車軸があるので、見分ける際には車軸がどこにあるかを見て確認するのが速いだろう。


【Tips】
ドリー式フルトレーラーについては、こちらの記事を参考にして欲しい。
ドリー式フルトレーラーの仕組み・構造とは





センターアクスル式は隙間が狭い

センターアクスル式フルトレーラーの特徴


【メリット】
 センター式フルトレーラーの最大の特徴とも言えるのが、
ドリー式のようなターンテーブルを持たない構造のため、運転をしやすいというところだ。
特にバックをする際にはドリー式とは異なり、セミトレーラーに近い操作感となるだろう。

 また、ドリー式と比較した際に、トラクターとトレーラーの隙間が短いため、その分荷台を長く作ることが可能だ。


【デメリット】
 しかしドリー式とは違い、上下の振動がトレーラーに直に伝わってしまうというデメリットもある。
また、トラクター側にも荷重がかかるという点でもドリー式とは異なる構造であることがわかる。

 さらに、ドリー式と比較した際に、トレーラースイング現象が起こりやすくもある。


【Tips】
トレーラースイング現象については、こちらの記事を参考にして欲しい。
トレーラースイング現象とは?対処法など





ポールトレーラーのドローバー
ポールトレーラーのドローバー

連結の仕組み・構造


 センターアクスル式フルトレーラーには、ポールトレーラーのような長いドローバー(連結用の棒)を搭載しており、そのドローバーをトラクター側のピントルフックと呼ばれる連結器に接続する仕組みになっている。

 また走行の際には、エアブレーキ用のエアホースや、ウインカーランプなどへ電力を供給するための電源ケーブルも接続しなければならない。


【Tips】
ポールトレーラーや連結方法に関しては、こちらの記事を参考にして欲しい。


センターアクスル式フルトレーラーに関する動画

 この動画は、走行中のセンターアクスル式フルトレーラーを撮影したものだ。



おわりに

 いかがだっただろうか。
センターアクスル式フルトレーラーとは、トレーラーの中央に車軸があるフルトレーラーのことで
ドローバーを利用して連結しているということがおわかりいただけただろうか。
フルトレーラーに関して、この記事があなたにとって役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)