小型3tミキサー車の寸法とドラム容量

小型3tミキサー車の寸法とドラム容量

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
小型ミキサー車の寸法
 建物を建設する際には、コンクリートをたくさん使用するため、ミキサー車が必要になる。

 大型のミキサー車はたくさんのコンクリートを運搬できて便利だが、それほど大規模ではない工事をする際には小型ミキサー車の方が使い勝手が良いだろう。
そこで今回は、小型3tミキサー車の寸法や荷台容量などを
まとめてみたので参考にして欲しい。


              
                                                           

小型3t深ダンプの寸法

ミキサー車
 ミキサー車で重要なのは、ドラム内の容量もそうだが、実際にどれだけのコンクリートを混ぜることができるかということだろう。
そこで、実際のミキサー車の寸法や、ドラム容量などをいくつか紹介するので、購入の際に役立てて欲しい。

車両寸法一覧


【いすゞ・エルフ】
  • 全長:5,110mm
  • 全幅:1,880mm
  • 全高:2,800mm
  • 積載量:3,000kg
  • 総重量:6,295kg
  • ドラム容量:2.5m3
  • 混合容量:1.2m3
  • 架装会社:極東開発


【いすゞ・エルフ】
  • 全長:5,250mm
  • 全幅:1,880mm
  • 全高:2,830mm
  • 積載量:3,000kg
  • 総重量:6,355kg
  • ドラム容量:2.5m3
  • 混合容量:1.2m3
  • 架装会社:カヤバ


【いすゞ・エルフ】
  • 全長:5,200mm
  • 全幅:1,880mm
  • 全高:2,810mm
  • 積載量:3,000kg
  • 総重量:6,305kg
  • ドラム容量:2.5m3
  • 混合容量:1.2m3
  • 架装会社:極東開発


【三菱ふそう・キャンター】
  • 全長:5,330mm
  • 全幅:1,880mm
  • 全高:2,680mm
  • 積載量:3,000kg
  • 総重量:6,175kg
  • ドラム容量:2.5m3
  • 混合容量:1.2m3
  • 架装会社:極東開発


【三菱ふそう・キャンター】
  • 全長:5,180mm
  • 全幅:1,880mm
  • 全高:2,770mm
  • 積載量:3,000kg
  • 総重量:6,315kg
  • ドラム容量:2.5m3
  • 混合容量:1.2m3
  • 架装会社:カヤバ


【日野・デュトロ】
  • 全長:5,110mm
  • 全幅:1,890mm
  • 全高:2,870mm
  • 積載量:3,000kg
  • 総重量:6,265kg
  • ドラム容量:2.5m3
  • 混合容量:1.2m3
  • 架装会社:極東開発


 紹介した小型3tミキサー車を比較してみると、どの車両もほとんど寸法が同じかつドラム容量やコンクリートを混合することの出来る混合容量も同じであることがわかる。

 ちなみに最大積載量は3,000kgだが車両総重量は5,000kgを超えるため、普通免許では運転することが出来ない。
運転の際には、最低でも8t中型免許以上の免許が必要となるので注意しよう。

ミキサー車に関する動画

 この動画は、小型ではないが、ミキサー車の作業の様子を撮影したものだ。



おわりに

 いかがだっただろうか。
深ダンプなんかでは車種や架装会社によって寸法や荷台容量などにバラつきがあったが、小型ミキサー車はほとんどバラつきがないという事をおわかりいただけたと思う。
あなたが小型ミキサー車を購入する際に、この記事が参考にあなれば幸いである。

【関連記事】
ミキサー車とは

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)