Q.トラニオンとは?構造などについて

Q.トラニオンとは?構造などについて

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
トラニオンの構造とは
Q.トラニオンとはなんですか?
どのような構造のものなのでしょうか?

大型トラックの多くに必要不可欠なのがトラニオンだ。
というのも、後輪2軸車に限った話なのだが...
今回は、トラニオンについてまとめてみたので、参考にして欲しい。


              
                                                           

トラニオンについて

トラニオン式サスペンション

トラニオンとは


【後2軸車用のサスペンション方式】
 トラニオンとは後軸が2軸になっている大型トラックの多くに採用されているトラニオン式サスペンションのことである。

 後2軸車が登場する以前は、前後ともにリーフスプリングによるサスペンションを採用していたが、後2軸には同じようなサスペンションを使用することができない。

 そこで開発されたのが、リーフサスペンションを活用した
トラニオン式サスペンションというものだ。




トラニオン式サスペンションの構造

トラニオンサスペンションの構造


【天秤のようなサスペンション】
 トラニオン式サスペンションは、2軸の中心付近に装備されたサスペンションで、天秤のようにも見える形状をしている。

 トラニオンシャフトというのが、反対側のタイヤにまで伸びており、サスペンションの中心となっている。

 そのトラニオンシャフトと車軸を繋ぐのが、トルクロッドとリーフサスペンションだ。
特にトルクロッドは車両の状況によって動き、2軸にかかる荷重が変わらないようにする役割があるのだ。
(上記の画像の車体は傾いているが、両方の軸にかかる重さは均一になっている)


【ワンデフの場合】
 また、ワンデフかツーデフかによって変わってくるのがトラニオンの位置だ。
ワンデフの場合、駆動軸である後前軸の荷重を重く設定して
おく必要があるため、トラニオンの中心点がより前方にくる。
この理由は簡単で、発進時は後後軸のほうが荷重がかかってしまい、後前軸が空転してしまうからである。


【ツーデフの場合】
 ツーデフの場合なら、後前軸が空転してしまっても後後軸で発進することが出来るので、前後で同じ荷重に設定あるのだ。
この場合、上記画像のようにトラニオンの位置は真ん中に来るのだ。


【メンテナンス】
 また、トラニオンシャフトにはグリスをさせるようにグリスニップルがついており、定期的にメンテナンスをする必要がある。


【Tips】
ワンデフ・ツーデフについて詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にして欲しい。
Q.ワンデフとツーデフの違いとは?




現在のサスペンション


【エアサスが主流】
 現在新車で販売されているトラックのサスペンションは、
エアサスが主流となっているため、トラニオンを採用する
トラックはこれから少なくなってしまうかもしれない。

 しかし、エアサスに比べて故障も少ないので、まだまだトラニオン式サスペンションのトラックは現役で活躍するだろう。

トラニオンに関する動画

 この動画は、ラジコンのトラックだが、トラニオンの活躍がよく分かる動画となっている。
後ろの2軸に注目して見ていただきたい。

おわりに

 いかがだっただろうか。
トラニオンというのは、後2軸用に使われるサスペンションのことであるというのがおわかり
いただけただろうか。
とても優れたサスペンションなので、もし後2軸のトラックを見かけたら、近くでトラニオンを
見てみよう。

 この記事が、あなたにとって少しでも役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)