Q.バキュームカーの構造・仕組みとは?

Q.バキュームカーの構造・仕組みとは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
バキュームカーの構造
Q.バキュームカーの構造や仕組みについて教えて下さい。

町を歩いていると、たまに見かけることがあるバキュームカーだが、その構造・仕組みを知っている人は少ないのではないだろうか。
今回は、バキュームカーについてまとめてみたので、参考にして欲しい。

バキュームカーの構造・仕組み

近代的なバキュームカー

バキュームカーは特殊用途自動車


 バキュームカーとは、荷台にタンクと吸引機を搭載しており
主に汲み取り式トイレのし尿を吸い上げるためのトラックだ。
バキュームカーの他には、衛生車、糞尿収集車、くみ取り車、尿収集車などとも呼ばれているようだ。

 そんなバキュームカーは、8ナンバーの特殊用途自動車に
区別されるトラックなのである。
だが、運転の際には特殊免許は不要だ。

 バキュームカーのイメージアップを図り、現代的なデザインを採用しているメーカーもある。


【Tips】
バキュームカーについて詳しく知りたい方は、こちらの
記事も参考にして欲しい。
バキュームカーとは




構造・仕組み


【真空ポンプ】
 バキュームカーはタンクの内圧を下げて負圧状態にし、外部の大気圧との差を利用してし尿をタンクに吸引しているのだ。

 タンク内を負圧にするためには、真空ポンプでタンク内の空気を抜いていおり、吸引排出レバーを吸引側に向けることで、吸引が始まる。
吸い上げたし尿がポンプ内を通過しないように真空ポンプはタンクの上部に取り付けられている。

 ちなみに、真空を利用することからバキュームカー(真空は英語でバキューム)と呼ばれている。


【PTO式】
 真空ポンプを動かすための動力はPTO式を採用している。
そのため、作業中もエンジンを切ることは出来ない。

 PTOについて詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にして欲しい。
Q.ダンプトラックなどのPTOとはなんですか?


【燃焼式消臭器】
 タンク内を負圧にするために、真空ポンプで空気を抜くのだが、タンク内にし尿が入っている場合だと、かなりの悪臭を
放ってしまう。

 その問題を解決するために、燃焼式消臭器を取り付けた車両も増えてきている。
これにより、タンク内の空気の悪臭を取り除くことが出来るようだ。


【排出時】
 処理場でタンク内のし尿を排出する際には、吸引排出レバーを排出側に向ける。
これによって真空ポンプが逆転し、し尿を排出するのだ。

 また排出時には、ホースが暴れるので、気を付けないとし尿まみれになってしまう。

バキュームカーに関する動画

 この動画は、実際にくみ取り作業を行っているものを撮影したものだ。



おわりに

 いかがだっただろうか。
バキュームカーは、タンクに真空ポンプが付いていて、タンク内を負圧状態にしてし尿を吸い上げているという事がおわかりいただけただろうか。
また、排出時には、ポンプを逆転させることで、タンク内のし尿を排出しているのだ。

 この記事があなたの役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

中古トラックを買いたいあなたにおすすめの記事
Q.セイコーラックとはなんですか?
Q.トラニオンとは?構造などについて
Q.バキュームカーの構造・仕組みとは?
Q.リブラグタイヤとはなんですか?
Q.ラグタイヤとはなんですか?

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)