事故車・修復歴車・故障車とは?定義など

事故車・修復歴車・故障車とは?定義など

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
事故車・故障車とは
 自動車の売買では、良く事故車や修復歴車なんて言葉を聞くことがある。
あなたは、どんな車が事故車や修復歴車と呼ばれるかをご存知だろうか。

 今回は、事故車、修復歴車、さらには故障車というものがどんな状態の車なのかをまとめてみたので参考にして欲しい。


              
                                                           

事故車と修復歴車の定義

事故車の定義
 自動車の売買で言われる事故車と、修復歴車はほとんど同じだと思ってもらって構わないだろう。
簡単に言うと、事故車は事故をしたままの状態で、修復歴車は事故を修復したことがあるという状態だ。

 修復歴がありとみなされるのは、以下の部分を修復したことがあるというものだ。
ちなみにこれらは自動車公正取引協議会にて定められている。


【修復歴ありの定義】
  1. フレーム
  2. フロントクロスメンバー
  3. フロントインサイドパネル
  4. ピラー
  5. ダッシュパネル
  6. ルーフパネル
  7. ルーフフロアパネル
  8. トランクフロアパネル
  9. ラジエターコアサポート

 これらの部品を修復、もしくは交換すると修復歴がありとみなされるのだ。
また、これらを修復しなければならない状態になっている車を事故車と呼ぶことが多い。

 基本的に事故車は、走行もままならない状態になっていることが多いので、バンパーを少しぶつけてしまったような車は
事故車とは呼べない。



故障車の定義

故障車
 故障車とは、基本的には故障したために走行不可能となってしまった不動車のことを指すのがほとんどだ。

 しかし、故障車には特定の定義はないため、一口に故障車と言ってもエンジンが掛からないものもあれば、エンジンは
掛かっても自走することが出来ない状態のものまである。

 走行中にありがちな故障は、エンジンの温度が冷めずに焼き付いてしまうオーバーヒートや、タイヤのバースト等がある。
これらは、レッカー車にレッカーしてもらわなければ動かす
ことが出来ない。


事故車に関する動画

 この動画は、交通事故にあった自動車の画像をまとめたものだ。
これらのほとんどは"修復歴あり"となる事故車だ。



おわりに

 いかがだっただろうか。
事故車・修復歴車に関しては、ちゃんとした定義があることがおわかりいただけたと思う。
しかし、故障車は不動車とほとんど同義で定義は定められていないというのが現実のようだ。

 この記事が少しでもあなたの役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)