Q.ポールトレーラーの構造とは?

Q.ポールトレーラーの構造とは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
ポールトレーラーの構造
Q.ポールトレーラーの構造とはどのようになっているので
しょうか?

積載物によって長さを変えることが出来るという特徴を持ったポールトレーラー。
たしかに、どのような構造になっているのかは気になる方も
多いのではないだろうか。
今回は、ポールトレーラーの仕組み・構造をまとめてみた。


ポールトレーラーの仕組み・構造

荷台ありのトラクター

トラクター側の仕組み・構造


 ポールトレーラーを引っ張るためのトラクターには
大きく分けて2種類ある。
荷台があるものと、荷台がないものだ。


【荷台があるトラクター】
 荷台があるトラクターは、一見すると通常の大型トラックとあまり変わらない見た目をしている。
このタイプのポールトラクターは、通所の大型トラックよりもパワーのあるエンジンと、冷却効果の高いラジエターを備えている。

 荷台の前方には、ターンテーブルを搭載しており、右左折時に積載物(ポール)に無理な力がかからないようになっている。

 連結の構造は、トラクターの最後部に「ピントルフック」という連結器があり、トレーラー側にあるステアリングドローバーという連結棒と繋ぐ。

 なにも積載していない場合には、クレーンを使用して、荷台にポールトレーラーを積んで走行することが出来る。



荷台なしのトラクター
【荷台がないトラクター】
 荷台がないトラクターは、セミトレーラー(トラクターヘッド)とほとんど同じ構造になっている。

 荷台後方にはピントルフックが付いているので、ステアリングドローバーと連結することが可能だ。

 基本的にはターンテーブルはないので、第五輪にターンテーブルを取り付けることが多い。

 また、積載していない場合でもポールトレーラーを荷台に積んで走行することは出来ないため、トレーラーをけん引して走行する必要がある。



ピントルフック
【ピントルフック?】
 トラクターとポールトレーラーのステアリングドローバーを連結させるために必要なのが「ピントルフック」だ。
ピントルフックとは、けん引するためのフックで、比較的簡単にフックの掛け外しを行うことができる。









ポールトレーラー

トレーラー側の仕組み・構造


 トレーラー側は、基本的には引っ張られるだけなので、とてもコンパクトに作られている。

 トレーラーには、積載物を乗せるためのターンテーブルが取り付けられており、右左折時でも円滑に走行することが可能で
かつ内輪差を減らすことも出来る。

 また、トレーラー前方にはステアリングドローバーという、けん引されるための棒が装着されている。
このステアリングドローバーの周りには、電話線のようなクルクルとしたケーブルがいくつか見られるが、これはエアブレーキ用のエアホースや、ブレーキランプやウインカー用の電気をトラクターから受け取るためのケーブル等である。

 ステアリングドローバーが届かないような長いものを運搬する際には、ターンテーブルが回らないように固定させて、積荷に引っ張られるように走行する。

 ちなみに運転手の間でポールトレーラーは「奴(やっこ)」と呼ばれることが多いようだ。


【Tips】
通常のポールトレーラーは2軸だが、世の中には3軸以上のポールトレーラーもある。
3軸以上のものは、トレーラーにハンドルが付いていて舵を取ることが可能だが、危険なので徐行しなければならない。

ポールトレーラーに関する動画

 この動画は、荷台ありのトラクターでポールトレーラーを牽引している様子を撮影したものだ。


おわりに

 いかがだっただろうか。
ポールトレーラーには、荷台ありのトラクターと荷台なしのトラクターがあり、ポールトレーラーのステアリングドローバーで連結しているという事がおわかりいただけただろうか。
あまり、街で見かける事はないと思うが、もし見かけた際には良く見てみて欲しい。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

中古トラックを買いたいあなたにおすすめの記事
Q.リブラグタイヤとはなんですか?
Q.ラグタイヤとはなんですか?
Q.ポールトレーラーの構造とは?
Q.リブタイヤとはなんですか?
Q.アドトラックとはなんですか?

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)