活魚車とは

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            

活魚車の形状

活魚車
 魚を生きたまま運ばなければならない。
そんな時、あなたならどうするだろうか。
水槽が搭載されたトラックがあればと思うかもしれない。
そんな時は荷台が水槽になっている活魚車を使用すればいい。
今回は、そんな活魚車についてまとめてみたので、購入の際の参考にどうぞ。


              
                                                           

活魚車の用途と機能

いけす

活魚車の用途

 魚を生きたまま運搬する機会とはどんな時なのか。
もともとは、養殖した鮎の稚魚を全国の河川へ放流することが目的で作られたようだ。
現在では、魚港から店舗に卸す時が多いだろう。
新鮮な魚料理が食べられるのも活魚車のおかげだ。
水族館へ魚を運搬することもある。




活魚

活魚車の機能

 活魚車には、生きたまま魚を運搬するための機能が満載だ。
ここでは、その機能を紹介する。

  • クーラー - 水槽の温度を一定に保つにはクーラーだ。
  • ポンプ - 水槽の中へ酸素を送るためのポンプだ。PTO式とエンジン式がある。
  • 酸素流量計 - 水槽へどれほどの酸素を送るかを設定する。
  • 監視カメラ - 水槽内部の様子を確認するためのカメラだ。車内のモニターで確認できる。
  • ろ過装置 - 水槽内の水をキレイに保つためにろ過する。
  • 水温計付警報機 - 運転している最中に水温の変化に気を使わずに済む。

こんなところだろうか。
あなたも活魚車を導入する場合には、装備に関しても気を使って欲しい。

活魚車の車種

活魚車
 活魚車を購入する場合、トラックと水槽を別々に購入する必要がある。
中古トラックの場合なら出来合いの物を探せば良いだろう。
ここでは、代表的な車種と架装メーカーを紹介する。

代表的な車種

【三菱ふそう・スーパーグレート】
 スーパーグレートとは、三菱ふそうが販売している大型トラックである。
三菱ふそう・スーパーグレートの公式サイト:
http://www.mitsubishi-fuso.com/jp/lineup/truck/super_great/10/

【日野・プロフィア】
 プロフィアとは、日野自動車が販売している大型トラックである。
日野・プロフィアの公式サイト:
http://www.hino.co.jp/profia/

【UDトラックス・クオン】
 クオンとは、UDトラックスが販売している大型トラックである。
UDトラックス・クオンの公式サイト:
http://www.udtrucks.com/ja-jp/trucks/quon/cg




活魚車

代表的な架装メーカー

【西南自動車工業株式会社】
〒798-4341
愛媛県南宇和郡愛南町蓮乗寺467-2
西南自動車工業株式会社の活魚車のページ:
http://www.seinan-katsugyo.co.jp/pc/contents25.html

【株式会社キョーワ】
〒849-4283
佐賀県伊万里市東山代町東大久保1761-1
株式会社キョーワの活魚車のページ:
http://www.katsugyosha.com/large/index.html


~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)