花粉や黄砂を落とす洗車方法

花粉や黄砂を落とす洗車方法

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
花粉・黄砂の洗車方法
 寒い冬も終わると、みんなお待ちかねの暖かい春が来る。
しかし、花粉症の人にとっては春なんて来ないでさっさと夏になれ!なんて思う人もいるだろう。

 花粉は、人だけでなく車にも悪影響なのをご存知だろうか。
今回は、花粉や黄砂の時期の洗車方法を紹介しよう。


              
                                                           

花粉や黄砂によるダメージ

花粉
 花粉や黄砂が車にダメージを与えるという認識がある人は
少ないようだ。

 車やトラックに花粉や黄砂が付くと、車体の色が黄色く
なってしまうほど汚れてしまうのだが、実はその花粉、放置
してはいけないのだ。


【花粉や黄砂は酸化する】
 放置していた花粉や黄砂は、紫外線や雨(酸性雨)によって
酸化してしまうのだ。

 この酸化を放置していると、ボディーコーティングは弱く
なり、塗装も痛んでしまう。
最悪な場合は、塗装への侵食が進んで、ボディからツヤが無くなってしまうかもしれない。

 こうなる前に洗車をしなければならないのだが、闇雲にゴシゴシと洗車してしまうとボディが傷だらけになってしまう。
花粉や黄砂が付いてしまった場合の洗車をしなければならないのだ。


【Tips】
花粉や黄砂の情報を知りたい方は、こちらのサイトで
調べることが出来る。



花粉や黄砂が付着した際の洗車方法

泡立てて洗車する
 今回は、ボディに特化した洗車方法を紹介する。
タイヤなどの洗い方は、以下で紹介している記事に記述して
あるので、そちらをご覧いただきたい。


【Tips】
洗車に必要な物などは、こちらの記事を参考にしていただきたい。



【1.ボディにたっぷりの水をかける】
 まず、肝心要となるのが、ボディにたっぷりの水をかけることだ。
この時点でボディにこびりついた花粉や黄砂をある程度浮かせておく必要があるのだ。

 出来れば高圧洗浄機で水をかけるのが望ましいが、高圧洗浄機を持っていない人はホースでも構わない。


【2.カーシャンプーを泡立てる】
 次に大切なのが、しっかりとカーシャンプーを泡立てておくことだ。
きめ細かい泡をたくさん作っておこう。

 ちなみに、カーシャンプーはスポンジで泡立てても良いが、少しだけ水圧を高めた水をバケツに入れると簡単に泡立てることが出来る。
(※高圧洗浄機で泡立てるとバケツからシャンプーが吹き飛んでなくなるので注意)


【3.たっぷりの泡で優しく洗う】
 水気たっぷりのボディを、たっぷりの泡を付けたスポンジで優しくなでてみよう。
この状態で花粉が落ちる様子がなければ少し強めにスポンジを当ててみよう。

 最初の段階でたくさんの水を当てていれば、多少強めに洗っても傷だらけになることはないだろう。


【4.しっかりとすすぐ】
 一面を洗ったらすぐにすすいでしまおう。
キレイにすすぐ事で車をキレイに仕上げる事ができる。


【5.乾く前に拭き取る】
 拭く前に乾いてしまうと、せっかくキレイにしたボディが
シミだらけになってしまう。

 ポイントは、全体が洗い終わるまでは、まんべんなくボディに水をかけ続ける事だ。
そして、全体が洗い終わったらセームタオルで一気に水滴を
拭き取ろう。


【6.仕上げはコーティングやワックスがけで】
 キレイに仕上がったら、簡易コーティングや、ワックスがけをするのもいいだろう。
 ただ、ここで注意したいのは、ワックスがけをすると静電気が発生してしまい、花粉を呼び寄せるかもしれないということだ。
なので、静電気が発生しにくい簡易コーティング等がいいかもしれない。


おわりに

 いかがだっただろうか。

 上記で紹介した洗車方法は、花粉や黄砂はもちろんだが、何ヶ月も洗車をさぼっていて、ひどく汚れている場合などにも有効なので、是非とも試していただきたい。
ポイントは、たっぷりの水とたっぷりの泡で洗うということだ。

【その他の洗車記事】

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)