Q.クレーンフックの名称とは?

Q.クレーンフックの名称とは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
クレーンフックの名称
Q.クレーンのフックの名称を教えて下さい!

クレーンなどに使用されることの多いフックはどれも同じように見えるが、実は種類もあるのだ。
そこで、今回はクレーンのフックの種類と各部の名称についてまとめてみたので参考にして欲しい。


              
                                                           

クレーンフックの種類と各部の名称

アイフックの各部の名称

アイフック


【アイフックとは】
 はじめに紹介するのは「アイフック」というフックだ。
恐らく、つり上げ作業に使用されるフックはほとんどがこの
アイフックではないだろうか。

 アイフックは、ワイヤーロープなどを繋げるアイの部分と、実際に物を吊上げるフックの部分が1つの部品で出来ている。
そのため、後述するスイベルフックよりも若干だが最大吊上げ荷重は重いようだ。


【外れ止め装置(金具)】
 また、クレーン用のフックには、外れ止め装置というものが付いているものがほとんどで、「外れ止め金具」「ラッチ」
「安全レバー」「バネ金具」などと呼ばれることもある。
これは、ロープに力がかかっていない状態の時に不意にフックからロープが外れてしまうのを防止するためのものだ。

 ちなみに法律では、外れ止め装置が付いていないフックで
作業しても何の問題もない。
しかし、より安全性を高めるためには外れ止め装置が付いてた
方が良いだろう。




スイベルフックの各部の名称

スイベルフック


【スイベルフックとは】
 次に紹介するのは「スイベルフック」というフックだ。
このスイベルフックには、名前通りスイベルというものが付いているのが特徴だ。

 このスイベルは、アイフックで言うアイの部分がクルクルと回転するようになっている。
これにより、吊り荷が無理な方向を向こうとしても、フックが回転することで対応できる。
また、ワイヤーロープがよれてしまっている場合にも大いに
役に立つ。

 しかし、アイフックよりも作りが少し複雑になってしまったため、最大吊上げ荷重は若干だが軽いようだ。


【外れ止め装置】
 スイベルフックにも、高確率で外れ止め装置は付いている。
やはり、これがないと気持ち的にも安心して作業することは
できないだろう。

 ちなみに、外れ止め装置にも内側に動くものと、外側に動くものがある。
外側に動くタイプは、ロック式になっていて不意に動くのを
防止している。

クレーンフックに関する動画

 この動画は、スイベルフックについて説明している動画だ。
この動画を見れば、スイベルフックがどのような動きをするかがわかるだろう。



おわりに

 いかがだっただろうか。
クレーンに限らず、フックには大きく分けてアイフックとスイベルフックがあることがおわかり
いただけただろうか。
フックについて、この記事が少しでもあなたの役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)