Q.ダンプトラックなどのPTOとはなんですか?

Q.ダンプトラックなどのPTOとはなんですか?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
ダンプのPTOとは?
Q.ダンプトラックなどに付いているPTOとはなんですか?

ダンプトラックに限らず、様々な形状のトラックにはPTO
というシステムが付いている事が多い。
そこで今回は、PTOについてまとめてみたので、参考にして欲しい。


              
                                                           

PTOについて

PTOシャフト
PTOシャフト

PTOとは


 PTOとは「パワーテイクオフ」の略で、トラックが走行するためのエンジンの動力を、架装(ダンプなど)の動力として伝えるためのシステムだ。

 PTOの仕組みには、トランスミッションPTO、フライホイールPTO、フルパワーPTOと種類があり、それぞれ動力の取り出し方が変わってくる。


【PTOスイッチ】
 いずれも、PTOシャフトというシャフトを介して架装へと動力を伝えているが、走行中には使用しない架装というものもある。
例えば、ダンプや高所作業車なんかは、走行中には使用しないはずだ。
そのため走行中の誤作動などを防ぐために「PTOスイッチ」というものが備え付けてある。

 PTOスイッチは、ギアがニュートラルの状態かつ、
クラッチを切った状態でしかON/OFFを切り替えることが
出来ないようになっているのだ。
ギアが1速などに入っている状態などでスイッチ操作をするのは故障の原因となるので気をつけよう。




トランスミッションPTO

トランスミッションPTO


【トランスミッションPTOの仕組み】
 トランスミッションPTOとは、主に停車時に使用するPTOシステムだ。
先述したPTOスイッチによってON/OFFを切り替えて使用
する。

 トランスミッションの横に動力取出しフランジとPTOシャフトが取り付けられており、そこから動力を取り出して架装へと伝える。


【採用車両】
 主にトランスミッションPTOを採用している架装は以下のものだ。

  • ダンプ
  • タンクローリー
  • バキュームカー
  • クレーン車
  • 高所作業車




フライホイールPTO

フライホイールPTO


【フライホイールPTOの仕組み】
 フライホイールPTOとは、停車時でも走行時でも動力を常に伝えることが出来るPTOシステムだ。
トラックによってはPTOスイッチが付いている物もあるが、基本的には動力を常時伝えている。

 フライホイールの上方に動力取出しフランジとPTOシャフトが取り付けられており、そこから動力を取り出している。


【採用車両】
 主にフライホイールPTOを採用している架装は以下のものだ。

  • ミキサー車
  • 塵芥車
  • 冷蔵・冷凍車

※冷蔵・冷凍車に関しては、冷凍機用に小型のエンジンを搭載しているものもあり、その場合はPTOは付いていない。




フルパワーPTO

フルパワーPTO


【フルパワーPTOの仕組み】
 フルパワーPTOとは、エンジンの動力を100%取り出す
ことが出来るPTOシステムだ。
そのため、大きな動力を必要とする架装に最適だ。

 クラッチとトランスミッションの間に動力取出しフランジとPTOシャフトが取り付けられており、そこから動力を取り出している。


【採用車輌】
 主にフルパワーPTOを採用している架装は以下のものだ。

  • 消防車
  • バキュームダンパー


おわりに

 いかがだっただろうか。
PTOとは、ダンプなどの架装を動かすためにエンジンの動力を取り出すシステムの事であり、架装の種類によってPTOの仕組みも使い分けている、ということがおわかりいただけただろうか。

 PTOスイッチの操作をする際に、この記事が役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)