Q.車の内輪差と外輪差の違いとは?注意点など

Q.車の内輪差と外輪差の違いとは?注意点など

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
内輪差と外輪差の違い
Q.車の内輪差と外輪差の違いは何ですか?
運転の際は、なにか注意点などありますか?

自動車を運転する人にとって、内輪差を意識する人は意外と
多い。
しかし、外輪差を意識したり、ましてや外輪差のことを良く
知らない方も多いようだ。
そこで、今回は内輪差と外輪差の違いについてまとめてみた。


              
                                                           

内輪差と外輪差の違いについて

 内輪差と、外輪差とは言葉はとても似ているが実際は、
正反対と言っていいほど違うものなのだ。
どのようなところが違うかを見てみよう。




内輪差
左折する車の内輪差

内輪差とは


 内輪差というのは、車が右折ないし左折した時の内側の前輪が描く軌道と、内側の後輪が描く軌道の差のことだ。
一般的に前進している時に問題となり、巻き込み事故などの
原因
にもなる。

 また、狭い道路では後輪を乗り上げてしまう可能性もある。(※画像参照)

 これは外輪差とも共通で言えることだが、ホイールベースが長ければ長いほど、内輪差も大きくなる。
また、内輪差は外輪差よりも大きいのでより注意して運転して欲しい。

【Tips】
内輪差について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んで欲しい。
トラックの内輪差とは?計算方法など





外輪差
後退する車の外輪差

外輪差とは


 外輪差とは、車が右折、左折した時の外側の前輪が描く軌道と、外側の後輪が描く軌道の差のことだ。
通常、走行中にはあまり気にする必要はない。

 外輪差を気にしなければならないのは、主に後退時だろう。
後退時には外輪差による接触事故が増える。

 特に前向き駐車をした場合、駐車場から出る際に外輪差に
気をつけないと画像のように隣の駐車スペースに前方が
はみ出してしまう。
もし、隣に車が止まっていたらぶつけてしまっているだろう。

【Tips】
外輪差について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んで欲しい。
Q.トラックの外輪差とはなんですか?


【内輪差と外輪差の違い】
  • 内輪差は内側、外輪差は外側に生じる差である。
  • 進む際は内輪差を、後退する際は外輪差に注意する。
  • 外輪差よりも内輪差のほうが大きい。

 内輪差と、外輪差にはこれだけの違いがある。
また、これら以外にも気をつけて欲しいことがあるのだ。


その他に注意したい事

オーバーハング
オーバーハング
 進む時は内輪差、後退時は外輪差に気をつけるというのは
おわかりいただけただろうか。
それに追加して、もう1つ注意していただきたいものがある。

 オーバーハングというものだ。

 オーバーハングというのは、車両の後輪よりも後ろに伸びている部分のことだ。
特に大型のトラックなどはオーバーハングが大きい。

 右左折時に、反対の車線にオーバーハング部分がはみ出して接触事故を起こす可能性があるのだ。
なので、オーバーハングが大きい車両を運転する際には内輪差だけでなく、オーバーハングも気を付けよう。

【Tips】
オーバーハングについて詳しく知りたい方は、こちらの
記事を参考にして欲しい。
トラックのオーバーハングとは?運転時の注意点など


おわりに

 いかがだっただろうか。
内輪差と外輪差は正反対のものであるということがおわかりいただけただろうか。
また、運転の際にはオーバーハングも注意して運転するとより一層良いだろう。

 この記事があなたにとって役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)