Q.トラックの外輪差とはなんですか?

Q.トラックの外輪差とはなんですか?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
外輪差とは
Q.トラックの外輪差とはなんですか?

自動車を運転する上で内輪差という言葉は聞いたことがある人も多いだろう。
しかし、外輪差という用語を知っているという人は少ないのではないだろうか。
そこで、今回は外輪差についてまとめてみたので参考にして
欲しい。

外輪差とは

これが外輪差だ
 外輪差とは、右左折時に生じる前輪の軌道と後輪の軌道の
外側の差
のことである。
つまり、内輪差の外側のことである。

 内輪差の場合は、運転中に気をつけていないと巻き込み事故を起こす危険がある。
しかし、外輪差の場合は運転中に事故につながることはあまりない。

 外輪差で気をつけたいのは、後退(バック)で駐車する時
くらいだろう。
狭い場所での駐車の際に、後方に気を取られて前方をぶつけてしまう事があるが、これは外輪差によるものだ。

【外輪差の計算方法】
おおよその外輪差の計算をしたい場合は以下の計算式で計算
することが出来る。
ホイールベースの長さ×1/4=外輪差

運転中に気を付けたいのは外輪差ではない

オーバーハング
オーバーハングがはみ出ている

オーバーハング


 よくトラックなどを運転していると「外輪差に気を付けないと交通事故を起こすぞ」などと言われる時がある。
その人が言いたいのは、トラックは後ろが長いため右左折時に後輪よりも後ろの部分が隣の車線にはみ出す恐れがあるということだ。
しかし、それは外輪差ではない。

 後輪よりも後ろのことをオーバーハング(リアオーバー
ハング)と言い、オーバーハングが長い車両は、右左折時に隣の車線にオーバーハングがはみ出してしまい交通事故に繋がるのだ。

【Tips】
オーバーハングについては別の記事で詳しく記述しているので、そちらを参考にして欲しい。
トラックのオーバーハングとは?運転時の注意点など




内輪差


 内輪差に関しては、トラックはもちろんだが乗用車でも十分に注意して走行する必要がある。

 特に注意すべきなのは、左折時だ。
左折時は、ハンドルを目一杯切るので内輪差が大きくなり
やすい。
その際に、巻き込み事故を起こす危険があるのだ。

【Tips】
内輪差に関しては別の記事で詳しく記述しているので、
そちらを参考にして欲しい。
トラックの内輪差とは?計算方法など


おわりに

 いかがだっただろうか。
外輪差とは、内輪差とは反対側に生まれる差のことであることがおわかりいただけただろうか。
また、外輪差もそうだが、オーバーハングや内輪差には特に気をつけて運転をしていただきたい。

 この記事が、あなたの役に少しでも立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)