サンキュー事故とは?防止対策など

サンキュー事故とは?防止対策など

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
サンキュー事故とは?
 あなたは、サンキュー事故というものをご存知だろうか。
自動車を運転する方なら誰もがサンキュー事故を起こす可能性がある。

 今回は、そんなサンキュー事故についてまとめてみたので、これからの運転の参考にしていただきたい。


              
                                                           

サンキュー事故とは

サンキュー事故の再現
 サンキュー事故とは、主に右直事故を指す事故のことだ。
サンキューを省略して39事故なんて呼ぶこともある。

 しかし、なぜ事故を起こしているのにサンキューなのか。
それは、事故を起こす原因がサンキューだからだ。
つまりは、こういうことである。


【サンキュー事故を起こす原因】
 あなたは、自動車を運転中に、交差点を右折したい。
しかし、車の通りが多い道路のため、なかなか右折することが出来ない。
そんな時に心優しいドライバーが減速して「行っていいよ!」という具合にパッシングまでしてくれた。

 この時、あなたならどうするだろうか。
多くの人は「ありがとう!」と心の中で叫んで、迷惑をかけないように速やかに、というか若干焦りながら右折すると思う。

しかしだ。

 心の中の「ありがとう」が一瞬にして「ごめんなさい」に変わってしまった。

 なぜなら、あなたは事故を起こしたのだ。
急いで右折したまでは良かったが、対向車線からバイクが飛び出してきたのだ。
バイクは急には止まれない。
それはもしかしたら、車よりも困難なことだろう。

 「ありがとう」が原因で事故を起こすからサンキュー事故。
とてもわかりやすいだろう。
※右折と直進の事故なので、右直事故ともいう。

 では、どうしたらこのようなサンキュー事故を防止することが出来るのだろうか。

サンキュー事故の防止策

サンキュー事故の概要
 サンキュー事故は「道を譲ってくれているから急いで行かなければ!」という焦った気持ちから安全確認を十分に行えずに衝突してしまう。
このサンキュー事故を防止するためには、どういったことに
気をつければ良いだろうか。

【1.良く確認する】
 まずは、譲ってくれてありがとうと思いながらも、よく確認しながら慎重に進もう。
そうすれば、例えバイクが直進してきても、あなたがすぐに停車することが可能だ。


【2.右折しない】
 もし、対向車が譲ってくれても、見通しが悪く安全だと確認できない場合は、対向車がいなくなるまで待ってしまおう。
せっかく譲ってくれた車には悪いが、事故を起こして
しまうよりはるかにマシだろう。

 こういった事が言えるだろう。
どちらにも共通して言えることは「焦るな」ということだ。

サンキュー事故に関する動画

【39事故の仕組み】
 この動画は、サンキュー事故がおこる様子をトミカで再現したものだ。
動画自体は短いが、とてもわかりやすい。




【スタントマンで再現したサンキュー事故】
 こちらは、スタントマンがサンキュー事故を再現したものだ。



【ドライブレコーダー】
 この動画は、ドライブレコーダーで撮影されたサンキュー事故の動画だ。
広い通りに出ようとして、衝突してしまう。


おわりに

 いかがだっただろうか。
サンキュー事故とは、自動車に乗る人、バイクに乗る人、自転車に乗る人、すべての人が起こす
可能性のある事故であるということがおわかりいただけただろうか。
この記事を読んでいるあなたも、事故には十分気をつけて運転して欲しい。

 この記事が、少しでもあなたの役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)