Q.中型4t重機回送車の寸法と積める重機って?

Q.中型4t重機回送車の寸法と積める重機って?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
4t回送車の寸法と積める重機
Q.中型4tの重機回送車の寸法と、運搬できる重機について
教えて下さい。

重機を運搬する際には、回送車が必要になる。
今回は、中型4tの重機回送車について紹介しよう。
購入などの際の参考にして欲しい。

中型4t重機回送車の寸法

セルフローダー
 一口に「中型4t重機回送車の寸法」と言っても、架装の
タイプや架装メーカーによってもかなりのバラつきがある。
さらに、トラックで見ても中型というのが、増トン車という
場合もあるだろう。

 そこで、実際の様々な中型の重機回送車の寸法を紹介したいと思う。



中型免許(限定付き)で運転可能な回送車


【セルフローダー・クレーン付き】
  • 全長:7,990mm
  • 全幅:2,230mm
  • 全高:2,950mm
  • 荷台長:5,000mm
  • 荷台幅:2,160mm
  • 荷台高:300mm
  • 積載量:2,500kg
  • 総重量:7,960kg


【セルフローダー】
  • 全長:8,940mm
  • 全幅:2,490mm
  • 全高:2,460mm
  • 荷台長:6,010mm
  • 荷台幅:2,360mm
  • 荷台高:0mm
  • 積載量:3,050kg
  • 総重量:7,960kg


【ヒップリフター】
  • 全長:7,350mm
  • 全幅:2,380mm
  • 全高:2,570mm
  • 荷台長:5,250mm
  • 荷台幅:2,270mm
  • 荷台高:0mm
  • 積載量:3,600kg
  • 総重量:7,990kg


【セルフローダー・自動あゆみ付き】
  • 全長:8,550mm
  • 全幅:2,270mm
  • 全高:3,300mm
  • 荷台長:5,800mm
  • 荷台幅:2,240mm
  • 荷台高:0mm
  • 積載量:2,000kg
  • 総重量:7,945kg

 寸法、積載量ともにかなりバラつきがあるのがわかるだろうか。
特に積載量に関しては、1t以上もの差があるものまである。

 では、次に増トンしてる中型の重機回送車を見てみよう。



大型免許が必要な中型回送車


【増トン・セーフティーローダー・クレーン】
  • 全長:10,630mm
  • 全幅:2,490mm
  • 全高:3,200mm
  • 荷台長:6,470mm
  • 荷台幅:2,400mm
  • 荷台高:0mm
  • 積載量:8,600kg
  • 総重量:19,940kg


【増トン・セルフローダー】
  • 全長:7,660mm
  • 全幅:2,490mm
  • 全高:2,560mm
  • 荷台長:5,200mm
  • 荷台幅:2,450mm
  • 荷台高:0mm
  • 積載量:6,750kg
  • 総重量:13,325kg


【増トン・セルフローダー】
  • 全長:9,080mm
  • 全幅:2,490mm
  • 全高:2,940mm
  • 荷台長:6,310mm
  • 荷台幅:2,430mm
  • 荷台高:0mm
  • 積載量:11,000kg
  • 総重量:19,955kg


【増トン・セルフローダー・クレーン】
  • 全長:9,300mm
  • 全幅:2,440mm
  • 全高:3,040mm
  • 荷台長:5,410mm
  • 荷台幅:2,360mm
  • 荷台高:0mm
  • 積載量:8,000kg
  • 総重量:16,815kg

 増トンは6t・8t・10tとあるので、積載量もバラバラだ。
では、これらのトラックにはどのような重機を積載することができるのだろうか。


中型4tの重機回送車で運搬できる重機

ユンボ
 中型4tの重機回送車で運搬できる重機とはいどのようなものだろうか。
回送車の積載量にもよるが、目安として紹介しよう。

【フォークリフトの場合】
 フォークリフトの荷重別の機体重量を見てみよう。
荷重:1,000kg
重量:2,070kg
荷重:1,350kg
重量:2,310kg
荷重:1,500kg
重量:2,430kg
荷重:1,750kg
重量:2,610kg
荷重:2,000kg
重量:3,250kg
荷重:2,500kg
重量:3,560kg

 フォークリフトのメーカーや回送車にもよると思うがおよそ
2.5tの荷重のフォークリフトまでなら積めそうだ。


【ユンボの場合】
 ユンボのバケット容量の大きさ別の機体重量を見てみよう。
バケット:0.025m3
重量:1,080kg
バケット:0.066m3
重量:1,960kg
バケット:0.09m3
重量:2,900kg
バケット:0.11m3
重量:3,500kg
バケット:0.14m3
重量:3,915kg

 ユンボのメーカーや回送車にもよると思うが、およそ
0.11m3までなら積むことが出来そうだ。
0.14m3になると4t回送車では少しキツそうな感じがする。


【増トン車の場合】
 増トン車の場合は、積載量もバラバラなのでどんな重機を
運搬できるかは一概には言えないので省略させていただく。

おわりに

 いかがだっただろうか。
重機は、見た目よりもかなり重いので、できれば中型4tではなく大型の回送車を使用して運搬
したいところだ。
しかし、小型の重機であれば、4t回送車でも運搬することができるということがおわかり
いただけたと思う。

 この記事があなたの役に立てば幸いである。

【重機回送車に関する記事】
建機・重機回送車とは

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)