ブリジストンのパンクしないタイヤとは?実用化はいつ?

ブリジストンのパンクしないタイヤとは?実用化はいつ?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
パンクしないタイヤ?
 トラックに限らず、乗り物に乗る上で不安に感じることがある。
タイヤのパンクだ。

 現在、ブリジストンがパンクしないタイヤを開発しているをご存知だろうか。
今回は、ブリジストンが開発中のパンクしないタイヤについてまとめてみのたので、是非とも一読していただきたい。

パンクしないタイヤ?

左が2011年、右が2013年のパンクしないタイヤ
左が2011年、右が2013年

自動車以外では開発済み


 実は、自転車用のパンクしないタイヤというのは既に販売していて、空気管理が面倒な方たちを中心に人気がある。

 しかし自動車と自転車では乗り物としての規模が全然違う。
なので、自転車用を自動車に流用するには無理があるだろう。
自動車用のパンクしないタイヤなんて夢のまた夢...ではなさそうだ。
ブリジストンがパンクしないタイヤを実用化に向けて開発中
なのだ。



パンクしない「エアフリーコンセプト」


【エアフリーコンセプト】
 ブリジストンでは、2011年に「エアフリーコンセプト」
という空気を必要としないタイヤを発表していた。
空気を必要としないため、側面はタイヤの中身が見えていて、無数の樹脂製スポークが張り巡らされているのがわかる。
そのため、見た目もカッコイイと話題になり、装着させたいと言う人もたくさん現れた。
さらに、100%リサイクル可能な優れたものだった。


【しかし...】
 しかし、2011年の段階では、高齢者向けのスピードが出ない「シニアカー」などへの装着が限界だった。
そう、自動車向けとしては全然実用化とは程遠いものだったのだ。
だが、あれから2年。パンクしないタイヤの開発はどうなっているのだろうか。



実用化に近づいたパンクしないタイヤ


 それは、2013年の東京モーターショーで公開された。
以前発表されたものよりもはるかに実用化に近づいた
「エアフリーコンセプト」のタイヤだ。


【車両重量は?】
 気になるのは、どれほどの重量にまで耐えることが出来るのかだ。
車両重量が410kgまでの車両に取り付けることが可能に
なったのだ。
これは、2011年の時のおよそ4倍の数値になった。


【最高速度は?】
 さらに車両の速度に関しては、最高速度が60km/hまで
耐えられるようになった。
これは、2011年の時のおよそ10倍の数値だ。


【燃費にも良い】
 そして嬉しいのが、走行中にタイヤがあまり変形しないため
低燃費タイヤ並みの燃費性能を実現していることだろう。


【実用化はいつ?】
 ちなみに、ブリジストンは2020年には実用化出来るように開発を進めている。
前回の発表では「シニアカー」が限界であったが、今回は軽自動車よりもコンパクトな小型車へ取り付ける事が可能となり、
実用化は近づいてきているのを実感することが出来る。
今後の課題は、数万kmの走行でも耐えられるほどの
「耐久性」がようだ。

パンクしないタイヤに関する動画

 この動画は、2013年の東京モーターショーで公開されたパンクしないタイヤを装着した
小型自動車を撮影したものだ。



おわりに

 いかがだっただろうか。
このパンクしないタイヤが実用化され、トラック用にも販売が開始されたらどんなに素晴らしい
だろうか。
これからは、タイヤの空気を気にしない時代が来るのかもしれない。
この記事が、あなたの役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

中古トラックを買いたいあなたにおすすめの記事
サンキュー事故とは?防止対策など
トレーラーの連結の仕組みと方法
ブリジストンのパンクしないタイヤとは?実用化はいつ?
トラックの視界・視野と死角について
雪で車がスリップしたらどうするか?対処法など

Comment

こんにちは。楽しく読ませてもらいました。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。
  • 2014/02/10 11:19
  • 萌音
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)