ナンバー変更(番号変更)の手続き・必要書類・費用など

ナンバー変更(番号変更)の手続き・必要書類・費用など

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
ナンバーの変更
 ナンバープレートを変更したいと思った時はあるだろうか。
しかし、どのような手続きをすればナンバープレートを変更
することが出来るのかを知っている人はあまりいないだろう。

 そこで今回は、番号変更の手続きの方法を紹介するので、
ナンバーを変えたい人、希望ナンバーにしたい人などは参考にして欲しい。

ナンバー変更(番号変更)に必要な書類と費用

申請書(OCR3号)

必要な書類


 ナンバーを変更する場合には、以下の書類が必要になる。

【番号変更の際に必要な書類】
  1. 自動車検査証(車検証)
  2. 申請書(OCR3号)
  3. 手数料納付書
  4. 自動車税申告書
  5. 委任状(代理人の場合)
  6. 希望番号予約済証(希望ナンバーの場合)

 これらの書類は、陸運局で入手可能だ。


【申請書(OCR3号)の書き方】
 申請書は、陸運局で数十円で購入することが出来る。
申請書の記入項目と、書き方を説明しよう。

業務種別
番号変更の場合は「6」と記入する。
番号指示 - 種別
ナンバープレートの地名のすぐ後の数字を記入する。
「品川 100 あ 8888」の場合は「1」である。
番号指示 - 用途
[1桁目]
普通(大型トラックなど含む)の場合は「1」
小型の場合は「2」

[2桁目]
自家用の場合は「1」
事業用の場合は「2」
番号指示 - 標板
[1桁目]
字光式の場合は「1」

[2桁目]
大型トラック等の場合は「2」
自家用車の場合は「4」
希望自動車登録番号
希望ナンバーを申請していて予約済証がある方は、希望しているナンバーを記入する。
自動車登録番号
車検証に記載されている自動車登録番号を記入する。
車台番号
自動車検査証に記載されている車台番号を記入する。
申請人 - 氏名・住所
車検証に記載されている所有者と使用者の氏名・住所を
記入する。
印鑑も忘れずに押すこと。
交付又は再交付を受ける理由
「番号を変更したい」などの理由では申請が出来ない
ようだ。
詳しくは、登録窓口の係員に聞いて欲しい。
申請代理人
あなたがもし、自動車の所有者(使用者)ではない場合に
記入する。


【手数料納付書の書き方】
 手数料納付書の書き方については、こちらの記事を参考にして欲しい。
手数料納付書の書き方


【自動車税申告書の書き方】
 自動車税申告書の書き方については、こちらの記事を参考にして欲しい。
自動車税申告書の書き方


【委任状の書き方】
 あなたが、自動車の所有者(使用者)ではない場合、所有者の印鑑が押してある委任状が必要だ。
委任状の書き方についてはこちらの記事を参考にして欲しい。
委任状の書き方(自動車登録)
(「移転登録」の部分は「番号変更」に書き直すようにしよう)


【希望ナンバーの申請方法】
 もし希望ナンバーにしたいのであれば、こちらの記事を参考にして欲しい。
希望ナンバーの申請方法と発行日数について



ナンバー変更にかかる費用


 ナンバー変更の際にかかる費用は大体以下の通りだ。

【費用】
  • 申請用紙:¥20前後
  • 希望ナンバー(申請時):¥4,200前後
  • 希望ナンバーの字光式(申請時):¥5,500前後
  • 希望ナンバー以外(ナンバー交付時):¥1,500前後
  • 希望ナンバー以外の字光式(ナンバー交付時):¥3,000前後

となっている。
それぞれの合計は...

[希望ナンバーの場合の費用合計:¥4,220前後]

[希望ナンバーの字光式の場合の費用合計:¥5,520前後]

[普通のナンバーの場合の費用合計:¥1,520前後]

[普通のナンバーの字光式の場合の費用合計:¥3,020前後]

 また、ナンバー代などは、地域によって料金にバラつきが
あるので、目安程度に考えて欲しい。
実際にナンバー変更に行く際は、少し多めに持って行こう。

ナンバー変更の手続き

富士山ナンバー
 上記の書類がそろったら、ナンバー変更をする自動車に
乗って陸運局へ行こう。
手続きの流れは以下の様な感じだ。

【番号変更の手続きの流れ】
登録窓口で書類を提出
上記で記入した書類を登録窓口へ持って行く。 何もなければ待つように言われるはずだ。
新しい車検証の交付
しばらくすると名前が呼ばれ、新しい車検証を渡される。
県税の分室にて自動車税申告書を提出
県税の分室(窓口)へ行き、新しい車検証と自動車税申告書を提出する。
ナンバーセンターにて現在付いているナンバーの返却
現在付いているナンバーを取り外し、ナンバーセンターに返却しよう。
新しいナンバーの交付
返却するのと同時に新しいナンバーが交付される。
その際に、ネジ4本と、封印用の土台を渡されるので無くさないように。
ちなみに、ナンバー代は¥1,500前後だ。
(希望ナンバーの場合は不要)
ナンバーの取り付け
先ほど貰ったネジでナンバーを愛車へ取り付けよう。
封印用の土台は後ろのナンバープレートの左側に取り付ける。
封印の取り付け
封印取り付けの係員が歩きまわっているので、封印を取り付けてもらおう。
以上でナンバー変更は完了だ。

 という流れだ。

 最後の「封印」というのは、後ろのナンバープレートに付いているペットボトルのキャップくらいのサイズのアルミ製の
フタのようなものだ。
管轄の都道府県の頭文字が記されていて、ナンバーの盗難防止などに役立っている。

おわりに

 いかがだっただろうか。
番号変更くらいの申請なら、自動車に関しては良くわからない!と思っている方でも比較的簡単に行うことが出来る。
なので、もしナンバーを変更したくなった時はご自身で変更手続きをしてみてはいかがだろうか。

 この記事があなたの役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

中古トラックを買いたいあなたにおすすめの記事
運転記録証明書の取得方法!日数や料金は?
希望ナンバーの申請費用(都道府県別)
ナンバー変更(番号変更)の手続き・必要書類・費用など
希望ナンバーの申請方法と発行日数について
自動車税申告書の書き方

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)