Q.4t超々ロング?オバケ4tとは?メリット・デメリットは?

Q.4t超々ロング?オバケ4tとは?メリット・デメリットは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
4t超々ロング?
Q.4t超々ロングトラック?オバケ4t?とはなんですか?
普通の4tトラックとはなにか違うのですか?

普段トラックに乗らない方にとっては4t超々ロングや
オバケ4tなどという言葉はあまり聞き慣れないのだろう。
今回は、4t超々ロング、オバケ4tについてまとめてみたので参考にして欲しい。

4t超々ロング・オバケ4tについて

オバケ4t

4t超々ロング・オバケ4tとは


 4t超々ロングというのは、4tトラックをベースに作られた大型のトラックのことである。
オバケ4tと言われることも多い。

 通常の4tトラックのシャーシを利用しており、道路交通法ギリギリの寸法で作られていることがほとんどだ。

【道交法の寸法の限度】
  • 全長:12,000mmまで
  • 全幅:2,500mmまで
  • 全高:3,800mmまで

 なぜオバケと言われるかというと、そのトラックを見てもらえば分かる通りキャビンに対してトラック全体がかなりデカイからだ。
そして、見た目は大型トラックなのに、車両総重量が8t以内に作られているため、旧普通自動車免許で乗れるのもオバケと呼ばれる由来の1つだ。



4t超々ロング・オバケ4tのメリット・デメリット


【メリット】
 「4tベースでこんなに大型のトラックにしてしまって積載量は大丈夫なのだろうか?」という疑問も浮かんでくると思うだろう。
しかし積載量は大体4t前後と、通常の4tトラックと変わらないのだ。

 積載量が変わらないのに車体を大きくする理由は、積荷に
ある。
オバケ4tが運搬することが多いのは軽くて大きなものだ。
例えば以下の様なものがある。

[4t超々ロングが運搬するもの]
  • 発泡スチロール
  • スナック菓子
  • おむつ
  • カイワレ大根
  • 宣伝カー

といった具合に、様々なものを運ぶが、どれも重量は重くないものがほとんどだ。
大型トラックでは車体代などが高く付いてしまうので、上記のようなものを運ぶにはオバケ4tが使い勝手がいい。


【デメリット】
 上記のようなメリットがあるが、実はデメリットもある。

[車両が軽い]
 オバケ4tはかなり運転が難しいのだ。
その理由の1つが、車両重量(車両総重量)の軽さにある。

 寸法で言えば、大型トラックと同じだ。
しかし、大型トラックの車両重量(車両総重量)は10t(25t)前後に対し、4t超々ロングは4t(8t)ほどと半分以下なのだ。
というか、積載が満タンでも、大型トラックの空荷より軽いのである。

 この状況で強風が吹いていたら運転は大変どころではない。
4t超々ロングは横転しやすいトラックでもあるのだ。

[箱の高さが高い]
 オバケ4tは先述したとおり、軽いものをたくさん運ぶ
トラックなので、通常の4tトラックよりも荷台の箱の高さがかなり高く作られている。
そのため、さらに強風に弱くなっている。

[リアオーバーハングが長い]
 最近の4t超々ロングでは改善されているように感じるが、大型トラックよりもホイールベースが短く、その分リア
オーバーハングが長いのだ。
そのため、右左折時に隣の車線にはみ出してしまったりする
ことが多い。

※オーバーハングについて詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にして欲しい。
トラックのオーバーハングとは?運転時の注意点など

[トレッド幅が短い]
 トレッドというのは、簡単に言ってしまうと左右のタイヤの幅のことだ。
大型トラックは幅広いトレッドだが、オバケ4tのトレッドは狭い。
そのため、やはり横風に弱く安定性が悪い。




4t超々ロング・オバケ4tの車種

【一般的な4t超々ロング】
  • 全長:約12,000mm
  • 全幅:約2,500mm
  • 全高:約3,800mm
  • ホイールベース:約6,500mm
  • 前輪トレッド:約1,800mm
  • 後輪トレッド:約1,700mm
  • 車両重量:約4,000kg
  • 最大積載量:約4,000kg
  • 車両総重量:約8,000kg
【一般的な大型トラック】
  • 全長:約12,000mm
  • 全幅:約2,500mm
  • 全高:約3,800mm
  • ホイールベース:約7,300mm
  • 前輪トレッド:約2,000mm
  • 後輪トレッド:約1,900mm
  • 車両重量:約10,000kgkg
  • 最大積載量:約15,000kg
  • 車両総重量:約25,000kg

4t超々ロング・オバケ4tの車種

日野・レンジャー
日野・レンジャー超々ロング
 現在メーカーの公式サイトのカタログに乗っている4t超々ロングは、日野・レンジャー(平ボディ)しか無さそうだ。

【日野・レンジャーFD(平ボディ)】
  • 全長:11,990mm
  • 全幅:2,460mm
  • 全高:2,415mm
  • ホイールベース:7,200mm
  • 前輪トレッド:1,800mm
  • 後輪トレッド:1,660mm
  • 車両重量:4,270kg
  • 最大積載量:3,150kg
  • 車両総重量:7,530kg

[公式サイト]
日野・レンジャー

 レンジャー以外のオバケ4tが欲しい方は、各メーカーに
相談してみるのも良いだろう。
また、中古で探してみる方が速いかもしれない。

関連動画

 この動画は、オバケ4tを撮影したものである。
キャビンに対しての荷台が、かなり大きくまさに「オバケ」という感じだ。



おわりに

 いかがだっただろうか。
4t超々ロングというものがどういったトラックなのか、おわかりいただけただろうか。
配達を頼む方には、低コストでたくさん運べていいかもしれないが、運転する方はやはりかなり
恐いようなので、最近では見かけることも減ってきている気がする。
この記事があなたにとって少しでも役に立てば幸いである。

【合わせて読みたい記事】
増トンとは?そのメリット・デメリットについて

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

中古トラックを買いたいあなたにおすすめの記事
Q.中型4t重機回送車の寸法と積める重機って?
Q.排雪トラックとはなんですか?
Q.4t超々ロング?オバケ4tとは?メリット・デメリットは?
Q.カーゴトラックとはなんですか?
Q.最小隣接軸距とはなんですか?

Comment

使い道分かった。ジャパニーズ・トレーラーハウス! トラック免許取得の練習の為に公道を走ったら大変なことになるなww
  • 2016/12/05 20:38
  • キャロッセ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)