トラックの視界・視野と死角について

トラックの視界・視野と死角について

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
トラックの視界・死角について
 トラックに乗っていると、どうしても良く見えない「死角」なんかがあったりする。
良くミラーなどで確認して「よし大丈夫!」と思っても、実際には自転車やバイク等がいたりするものだ。

 今回は、そんなトラックの視界と死角についてまとめてみたので参考にして欲しい。


              
                                                           

トラックの視界

前方の視界
前方の視界

前方の死角


 トラックに乗ると、視界が良く見える。
というのも運転席の位置が乗用車よりもはるかに高いからだ。
何台も前を走っている車も見えるし、覆面パトカーなんかを見かけても、屋根にパトライトを格納しておくための小さなフタまで見えたりするのだ。

 というのは前方に限った話だ。
実際の運転になると、そんなに前方がよく見えたところでなんの役にも立たない。
トラックの視界で重要なのは左右と後方だ。




左側ミラー
左側ミラーの視界
左側安全窓
左側安全窓の視界

左側の視界


 左側、つまり助手席側の視界はトラックを運転する上でかなり重要だ。
というのもトラックが起こしやすい事故として、左折時の巻き込み事故というものがあり、これは左側(左後方)が良く見えていないために起こる事故なのだ。

 画像は左側のミラーを撮影したものだが、これだけ見ると
「なんだ、意外と見えてるじゃん」なんて思ったりするが、
実際には見えていない死角の部分がかなりあるのだ。
そのため、左側にはミラーがたくさん付いているし、歩行者を確認するために助手席ドアの下部には窓(通称:安全窓)が付いていたりするのだ。




右側ミラーの視界
右側ミラーの視界

右側の視界


 右側、つまり運転席側の視界は、左側ほどは重要ではない。
というのも、運転席側なので割りと見やすいのと、右側は巻き込み事故を起こすことはほとんど無いからだ。
なので、ミラーも基本的には1つしか付いていないし、安全窓も付いていない。




バックモニター
バックモニター

後方の視界


 後方の視界は、トラックの種類によって異なる。
平ボディやダンプのようなトラックの場合は、ルームミラーや
目視である程度は後方を確認することが出来る。

 しかしアルミバンやウイングトラックになるとルームミラーはもはや飾りでしかなくなる。
なぜなら、箱のお陰で後方が全く見えないからだ。

 そのため、最近ではバックカメラを取り付けてルームミラーに映しているトラックも多く見かける。
これにより、トラックがバックしなければならないような時でも比較的安心してバックすることが出来る。

【Tips】
バックカメラについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしていただきたい。
トラック用バックカメラのおすすめと取り付け費用


トラックの死角

トラックの死角
トラックの死角
 トラックの視界というのは、良さそうで良くないというのは先述したとおりだ。
では実際は、どれだけ見落としている部分があるのだろうか。

 左の画像を見て欲しい。
この画像のグレーになっている部分がトラックの死角である。
半分近く、いや、半分以上がグレーになっているのがおわかりだろうか。

 このように、良く見えている"つもり"でも実際にはこんなにもの死角があることを意識して運転していただきたい。

トラックの視界・死角に関する動画

 この動画は、トラックの死角を撮影したものだ。
一見何もないように見えているが...



おわりに

 いかがだっただろうか。
トラックの視界は思ったよりも広くなく、死角が多いことをおわかりいただけたと思う。
しかし、これはトラックに限らず乗用車にもある事なので、車を運転する人全員が気をつけていただきたいところではある。
この記事があなたの役に少しでも立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)