トラックのオーバーハングとは?運転時の注意点など

トラックのオーバーハングとは?運転時の注意点など

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
オーバーハングとは?
 あなたは、オーバーハングという用語をご存知だろうか。
おそらく、普段からトラックに乗らない人、あるいは小型
トラックにしか乗らない人には、あまり聞き馴染みのない言葉だと思う。

 今回は、オーバーハングとはどういったものなのかについてまとめてみたので参考にして欲しい。


              
                                                           

オーバーハングについて

この長さがオーバーハング

大きなトラックを運転する際に


 トラックなどの全長の長い車を運転する際に、多くの方が気にするのが「内輪差」だと思う。
確かに、内輪差による巻き込み事故などは多いので気を付けなくてはならない。
※内輪差に関しては、後ほど詳しく執筆する予定なので今は置いておく。

 しかし、内輪差と同じくらい気にしなくてはならないのが
オーバーハング」である。



オーバーハングとは


 オーバーハングとは、タイヤからはみ出した車体の部分の事を指す言葉である。
つまり、前輪からフロントバンパーの辺りまではフロント
オーバーハングと言い、後輪から後ろにはみ出した部分は
リアオーバーハングと言う。
しかし、一般的にオーバーハングといえばリアオーバーハングを指すことがほとんどなので、ここでは便宜上リアオーバー
ハングのことをオーバーハングと言うこととする。
※ちなみに、オーバーハングというのは元々は登山の用語で
「突き出た岩壁」という意味の言葉のようだ。


【オーバーハングの危険性】
 特にオーバーハングの長いトラックなどに乗っていると右折
左折時にオーバーハング部分が反対の車線にはみ出してしまい
後方から追突されてしまったり、対向車にぶつけてしまったりすることがある。

というのも、内輪差に気を取られてしまい、オーバーハングのことまで考えられなかったりするのが主な原因だ。


【オーバーハングの規定】
 通常、オーバーハングの長さの規定はホイールベースの
1/2
と決められている。
しかし、近年では緩和され、アルミバンなどの箱車と車載
専用車のみ2/3まで
オーバーハングを取ることが出来る。

オーバーハングに注意して運転しよう

これだけはみ出る
 なるべくなら、オーバーハングなんて気にしなくてもいいような小さな車両に乗りたいものだが、仕事ともなればそうもいかないだろう。
そこで、オーバーハングに気をつけるための運転方法を紹介しよう。


【ミラーを良く見る】
 基本的だが、内輪差に気を取られずに反対側のミラーも良く見よう。
車体が長ければ長いほどわかりにくいが、しっかり見ていれば接触するような事も少なくなるだろう。
特に狭い道では壁にぶつけないように気をつけよう。


【徐々にハンドルを切る(右折時)】
 右折時の場合は、ハンドルを目一杯切らずとも曲がることができるので焦らずに徐々にハンドルを切ろう。
ゆっくりハンドルを切るとオーバーハングをはみ出さずに曲がることができる。


【なるべく左に寄っておく(左折時)】
 左折時の場合は、なるべく左側へ寄っておこう。
内輪差が気になって右側へ寄りがちになってしまうが、ハンドルを切るタイミングを遅らせることで内輪差を気にせずに左折することが出来るはずだ。

オーバーハングに関する動画

 この動画は、オーバーハングの軌跡を地面に描く様子を撮影したものだ。
このバスは、オーバーハングが短いがそれでもこれだけはみ出してしまうことがわかる。


おわりに

 いかがだっただろうか。
オーバーハングとはどういったものか、おわかりいただけただろうか。
トラックに乗る人は、なるべく気をつけて運転士てもらいたいし、トラックに乗らない人にも
オーバーハングというものがあるということを認識しておいて欲しい。
双方が理解することで交通事故を減らすことが出来るはずだ。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

今年から長距離運転
今年から長距離運転の仕事に就く事になりました。
もう毎日が不安で仕方がありません。
色々と長距離運転の注意点を調べていて、こちらを観る事ができました。
左折時、右折時の注意点を肝に命じて頑張ってみます。
ありがとうございました。
  • 2016/01/02 19:37
  • ペーパートラックドライバー
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)