Q.車両重量と車両総重量の違いとは?重量税や積載量など

Q.車両重量と車両総重量の違いとは?重量税や積載量など

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
車両重量と車両総重量の違い
Q.車両重量と車両総重量の違いってなんですか?
積載量とか重量税とかに関係しますか?

車両重量も、車両総重量も積載量あるいは重量税に関わる大事な項目だ。
特にトラック乗りには重要な項目でもあるだろう。
今回は、車両重量と車両総重量の違いについて説明しよう。

車両重量と車両総重量の違い

重量計

車両重量とは


 まず、車両重量について説明していこう。
車両重量とは、以下の項目を合計した重量のことである。

【車両重量の求め方】
車両重量 = 車本体の重さ + オイル・冷却水など +
ガソリン(満タン)

となっている。

 つまり、自動車本体の重さという事だ。
それに対し、車両総重量とはなんだろうか。



車両総重量


 車両総重量とは、以下の項目を合計した重量のことである。

【車両総重量の求め方】
車両総重量 = 車両重量 + 乗車定員 + 最大積載量 +
その他全ての物
※乗車定員は、1人あたり55kgで計算する。

となっている。

 つまり、ガソリン満タンの状態で乗車定員も満載、積載量も満載の状態の重さの事だ。
車両重量との違いはおわかりいただけただろうか。

重量税や積載量など

お金

重量税は車両重量?車両総重量?


 よく聞かれるのが、車検の時に支払う重量税は車両重量を見るのか、それとも車両総重量を見るのか、ということだ。
これは、車両によって車両重量を見たり、車両総重量を見たりすることになる。

【車両重量で決める場合】
車両重量で重量税を決めるのは、車検証の用途の欄が
「乗用」となっている車両だ。
いわゆる乗用車の事で、大体の車は車両重量で重量税を
決めている。

【車両総重量で決める場合】
車両総重量で重量税を決めるのは、車検証の用途の欄が
「貨物」または「特殊」「乗合」となっている車両だ。
トラックやバスがこれに当てはまる。

トラックの重量税に関しては、こちらの記事も読んで
いただきたい。
トラックの重量税早見表(平成25年度)と、エコカー減税について




最大積載量とは


 最大積載量とは、貨物車に設定されている項目で、どれだけの荷物を運ぶことが出来るのかを決めるものだ。
道路交通法では車両総重量は25tまでと決められているので、おのずと最大積載量の限界も決まってきてしまう。

【大型トラックの最大積載量】
大型トラックの最大積載量は、およそ15tほどだ。

【中型トラックの最大積載量】
実は中型トラックと一口で言っても、現在では様々な大きさの中型トラックが販売されていて、一概に何tと言うことは出来ないのだ。
昔は、4tトラックと言っておよそ4tの積載量のトラックを中型トラックと呼んでいた。
だが、現在の中型トラックの最大積載量は、かなり幅広く
4t~13tほどだ。

【小型トラック】
小型トラックの最大積載量はおよそ2t~3tほどだ。

おわりに

 いかがだっただろうか。
車両重量は、車だけの重さであり、車両総重量は、人も荷物も全てが乗っている状態の重さであることがおわかりいただけたと思う。
この記事が少しでもあなたの役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

中古トラックを買いたいあなたにおすすめの記事
Q.最小隣接軸距とはなんですか?
Q.格納PGとはなんですか?
Q.車両重量と車両総重量の違いとは?重量税や積載量など
Q.タンクローリーの揺り戻しとはなんですか?
Q.消防車のトラックの車種は何種類?

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)