Q.ダブルタイヤとは?どんなメリット・デメリットがあるの?

Q.ダブルタイヤとは?どんなメリット・デメリットがあるの?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
ダブルタイヤとは
Q.ダブルタイヤとはなんですか?何かメリットとかがあるのでしょうか?

普通の乗用車では見ることのないダブルタイヤ。
今回は、ダブルタイヤとはどのようなものなのか、またダブルタイヤにすることで得られるメリットをまとめてみたので紹介しよう。

ダブルタイヤについて

ダブルタイヤ

ダブルタイヤとは


 ダブルタイヤというのはトラックやバスなどの大型車両で多く見られるタイヤの装着方式で、タイヤを同じ駆動軸(後軸)の片側に2本のホイールを装着するというものである。
つまり、後軸には4本のタイヤが装着されることになる。

 また、ダブルタイヤの他にも、「ツインタイヤ」や
「デュアルタイヤ」とも呼ばれることもあるようだ。




ダブルタイヤの構造

ダブルタイヤの取り付けの構造


 シングルタイヤの場合は、ホイールをハブについているハブボルトに取り付け、ナットを締め込むという取り付けの構造になっている。
対してダブルタイヤはどのように装着されているのだろうか。

 ダブルタイヤ用のホイールは、「凸」のような形状をしており、ハブをすっぽりと覆うように1本目のタイヤをハブボルトに通し、2本目は、1本目を裏返した状態にしてハブボルトに通す。
そして、2本まとめてナットで締め込む。という構造だ。
言葉では伝わりにくいが、画像を見てもらえればわかりやすいだろう。

ダブルタイヤのメリット・デメリット

ダブルタイヤトラック

ダブルタイヤのメリット


 なぜ、トラックやバスはダブルタイヤにするのだろうか。
ダブルタイヤには以下の様なメリットがある。

【ダブルタイヤのメリット】
  • 後輪がパンクやバーストを起こしても多少の走行が可能。
  • 細めのタイヤなので単価が安い。
  • 耐荷重性能が上がる。

 ダブルタイヤには、トラックには必要なメリットがたくさんあるようだ。



ダブルタイヤのデメリット


 ダブルタイヤには、上記のようなメリットがあるが、反対にデメリットは存在するのだろうか。

【ダブルタイヤのデメリット】
  • 振動などが増加し、乗り心地が悪くなる。
  • タイヤの数が多くなるため、全部のタイヤを交換した際の費用が高くなりがちになる。
  • シングルタイヤに比べて車両の重量が重くなる。
  • 多少燃費が悪くなる。

 ダブルタイヤには、トラックとしての性能を向上させるためのメリットがたくさんあるが、多少は犠牲にしなければならない部分もあるようだ。

スキーのジャンプ台でタイヤを転がすと...

 ダブルタイヤとは関係ないが、スキーのジャンプ台でタイヤを転がすとどのくらいジャンプするのだろうか。
なかなかおもしろい動画なので是非、見てもらいたい。



おわりに

 いかがだっただろうか。
ダブルタイヤについて少しは詳しくなっていただけたかと思う。
この記事が少しでもあなたの役に立てれば幸いだ。

【ダブルタイヤに関する記事】
ダブルタイヤのチェーンの付け方・巻き方

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)