アームロール(フックロール・マルチリフト)とは

アームロール(フックロール・マルチリフト)とは

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加

アームロールの形状

アームロール
 複数のコンテナを1台のトラックで運搬しなければならないとしたら、あなたならどうするだろうか。
運搬用トラックとは別にクレーン車などを用意すれば問題ないかもしれない。
しかし、わざわざそのためにクレーン車を用意するのは無駄だろう。
そんな時に役立つのがアームロールだ。
アームロールとは、トラックの荷台(コンテナ)を自力で脱着することができるトラック(脱着ボディーシステム)である。
今回は、アームロールについてまとめたので、購入の参考にどうぞ。

アームロールの用途と種類

アームロール

アームロールの用途

 アームロールは、脱着式ボディーシステム対応のコンテナさえあれば幅広い用途に対応できる。
例えば、解体工事だったら、複数の脱着式ボディシステム対応のコンテナを用意しておく。
解体時の廃棄物をコンテナに積みながら作業をすすめる。
アームロールがコンテナを運搬している間にも現場では、空のコンテナに廃棄物を積むことができる。
これによって、トラック自体は1台あればいいし、コンテナが満杯になるのを待つ必要もない。




アームロール

アームロールの種類

 自力でコンテナを荷台に載せることができる装置をアームロールやフックロール、マルチリフトなどと呼ぶが、正式名称は"脱着ボディーシステム"という。
簡単にそれらの違いを紹介する

【アームロール】
 アームロールとは、新明和工業株式会社が販売している脱着ボディーシステムの名称である。
新明和のアームロールが有名なため、脱着ボディーシステム自体をアームロールと呼ぶことが多い。
さすがに有名なだけあって、コンテナバリエーションはものすごく充実している。

【フックロール】
 フックロールとは、極東開発株式会社が販売している脱着ボディーシステムの名称である。
分別型コンテナなどのコンテナバリエーションがある。

【マルチリフト】
 マルチリフトとは、カーゴテック・ジャパン株式会社ヒアブ部門が販売している脱着ボディーシステムの名称である。
ちなみに、ヒアブはフィンランドのメーカーである。
クレーンとマルチリフトを組み合わせた"マルチシステム"というものも存在する。

アームロールの車種

アームロール
 アームロールを購入する場合、トラックと脱着ボディーシステムを別々に購入する必要がある。
中古トラックの場合なら出来合いのものを探せば良いだろう。
ここでは、代表的な車種と架装メーカーを紹介する。

代表的な車種

【三菱・スーパーグレート】
 スーパーグレートとは、三菱ふそうが販売している大型トラックである。
三菱ふそう・スーパーグレートの公式サイト:
http://www.mitsubishi-fuso.com/jp/lineup/truck/super_great/10/

【日野・レンジャー】
 レンジャーとは、日野自動車が販売している中型トラックである。
日野・レンジャーの公式サイト:
https://www.hino.co.jp/ranger/index.html

【UDトラックス・コンドル】
 コンドルとは、UDトラックスが販売している中型トラックスである。
UDトラックス・コンドルの公式サイト:
http://www.udtrucks.com/ja-jp/trucks/condor/pk


アームロール

代表的な架装メーカー

【新明和工業株式会社】
〒665-0052
兵庫県宝塚市新明和町1-1
新明和工業株式会社のアームロールのページ:
http://www.shinmaywa.co.jp/truck/products/detaching/index.htm

【極東開発工業株式会社】
〒663-8545
兵庫県西宮市甲子園口6-1-45
極東開発工業株式会社のフックロールのページ:
http://www.kyokuto.com/product/buturyu/dachaku/

【カーゴテック・ジャパン株式会 ヒアブ部門】
〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町3831-1
カーゴテック・ジャパン株式会社 ヒアブ部門のマルチリフトのページ:
http://jp.hiab.com/default.asp?docId=20344


~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

中古トラックを買いたいあなたにおすすめの記事
トレーラー(トラクター)とは
コンテナ専用車とは
アームロール(フックロール・マルチリフト)とは
パッカー車とは
レッカー車とは

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)