Q.ユンボ・油圧ショベル・バックホーの違いとは?

Q.ユンボ・油圧ショベル・バックホーの違いとは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
ユンボ?ショベル?バックホー?
 建設作業や、土木工事などで使用されるショベルカー。
いや、あれはユンボだよ!いや、油圧ショベルだろ!なんてこともあるだろう。

 あなたは、これらのユンボや油圧ショベル、バックホーなどの違いについてご存知だろうか?
なんとなく、同じもののことを指しているように感じるこれらの重機についてまとめてみたので参考にして欲しい。

ユンボとは

ユンボ
 まずは、よく耳にする「ユンボ」について紹介しよう。

 あなたは、ユンボと聞いてどのようなものを思い浮かべるだろうか。
ショベルカーを思い浮かべる?
そう。まさに、ショベルカーを思い浮かべることが出来ればいいだろう。
では、ユンボとは何者なのか。

 もともとユンボとは、フランスのシカム社が製造していた油圧ショベルのことである。
その後、シカム社と技術提携を結んだ三菱重工も1961年の販売した油圧ショベルに「ユンボ」の名前を使用して油圧ショベルの代名詞的な存在となったのだ。
つまり、ユンボとは形状名称ではなく、商品名であるのだ。
また、一般的にはクローラータイプのものをユンボと呼ぶことが多いようだ。


油圧ショベルとは

油圧ショベル""
 油圧ショベルというのは、油圧を利用して掘削作業をするための建設重機で、いわゆるショベルカーとも呼ばれるものだ。

 油圧ショベル以外にも以下の様な呼ばれ方をする事がある。

【油圧ショベルの呼ばれ方】
油圧ショベル
社団法人日本建設機械工業会が制定した統一名称。
パワーショベル
コマツが販売していた油圧ショベルの商品名。
油圧ショベルの事をパワーショベルと呼ぶことが多い。
ショベルカー
一般的にも良く知られている名前だ。
しかし、ホイールローダを指す場合もあるので混同しないようにしなければならない。
ユンボ
先述したとおり、シカム社が販売していた油圧ショベルの商品名だ。
バックホー
後述する。
ドラグショベル
バックホーと同じ意味だ。
国土交通省などの文書に使われる程度で、日常的には使わない。
ローディングショベル
後述する。


バックホーとは

バックホー
 バックホーとは、油圧ショベルの一種で、ショベルの先端の掘る部分(バケット)が運転手の方を向いている。
一般的にショベルカーと聞いて連想するものがバックホーだ。
バックホーの他にもドラグショベルとも呼ばれる。

 バックホーは、主に低い場所の掘削を得意としている。

【バックホーの動画】
この動画は、バックホーで習字をするという達人技を披露している。




ローディングショベルとは

ローディングショベル
 上記の重機に比べると、あまり聞くことのないのが「ローディングショベル」だろう。

 ローディングショベルというのは、バックホーの先端に付いているバケットを反対の向きに取り付けた状態、つまりバケットが進行方向を向いているような形状の大型の重機のことを指す。
このショベルは、高い場所での掘削作業が得意であり、ホイールローダにも似ている。

【ローディングショベルの動画】
世界最大級のローディングショベルの作業風景だ。




まとめ

 いかがだっただろうか。
上記の事を踏まえると、こういうことになる。

【ショベルに関して】
  • 油圧ショベルとは、いわゆるショベルカー全般のことを指している。
  • ユンボというのは商品名であるが、一般的には油圧ショベルのことを指す。
  • バックホーとは、油圧ショベルの中でも手前に向けて掘削するもののことを指している。
  • ローディングショベルとは、油圧ショベルの中でも進行方向に向けて掘削するもののことを指している。

 ショベルカーの相関関係がなんとなくおわかりいただけただろうか。
実際には、油圧ショベルでもユンボでもパワーショベルでも通じてしまうが、自分でちゃんと区別しておくのは大事なことだろう。
この記事が、あなたの役に立てれば幸いである。

【ショベルを操作するための資格】
ユンボの免許・資格の取り方、費用について

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)