トラックのタイヤの空気圧、入れ方や目安について

トラックのタイヤの空気圧、入れ方や目安について

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
空気圧管理をしよう
 あなたは、ちゃんとトラックのタイヤの空気圧を点検しているだろうか。
あるいは、しばらく空気圧を見ていないという方もいるかもしれない。
定期的に点検していないと、思わぬトラブルに見舞われるかもしれないので、しっかりと点検しよう。

 というわけで今回は、トラックのタイヤの空気圧についてまとめてみたので参考にして欲しい。


              
                                                           

タイヤの空気圧が規定範囲外だと

悩む女性

空気圧が規定値よりも低いと...


 空気圧が自然に上がって、どんどん規制値よりも高くなってしまうということは、起こらない。
空気は、抜けるものなのだ。
もちろん、あなたのトラックにだって当てはまることだ。
では空気が抜けてしまうとどのようなことが起こるだろうか。

【空気圧が低い場合のメリット】
 空気圧が低くて良い事は基本的にはない。
強いて言うなら、空気圧が高い時よりは乗り心地が多少良くなるかもしれないくらいだ。

【空気圧が低い場合のデメリット】
  • 燃費が悪くなる
  • バースト(破裂)の危険が高くなる
  • グリップ力の低下
  • タイヤの偏減りを引き起こす
  • ハイドロプレーニング現象が起こりやすい

 いかがだろうか。
空気圧が低いだけでこれだけのデメリットがあるのだ。
燃費も悪くなり、グリップ力も悪くなったらスリップやスピンの可能性も高まる。

 では逆に、空気圧が規定範囲よりも高い場合にはどういったことが起こるだろうか。

【Tips】
 さらにこんなデータもある。
空気圧が100kPa減るとタイヤの摩耗が5~10%早まる。
燃費は1.5%も悪くなる。




空気圧が規定値よりも高いと...


 空気圧が高いということは、故意に高くしている場合がほとんどだろう。
では空気圧を高めにすると、どのようなことがあるだろう。

【空気圧が高い場合のメリット】
  • 燃費が良くなる
  • 走行安定性の向上
  • バーストしにくい

 といったメリットがある。

【空気圧が高い場合のデメリット】
  • タイヤの中心が摩耗しやすい
  • タイヤにキズが入りやすくなる
  • 乗り心地が硬くなる

 こういったデメリットがある。

 これらを踏まえた上で一般的にはタイヤの空気圧は規定値よりも少し高め(+10%)ほどにするのが良いと言われている。

 では、実際に空気圧を点検してみよう。

トラックのタイヤに空気を入れる

空気圧ステッカー

タイヤの空気圧の点検をする前に


 タイヤの空気圧を点検の際には、以下のことに気をつけて欲しい。

【空気圧の適正値を知ろう】
 あなたは、ご自身のトラックのタイヤの空気圧の適正値をご存知だろうか。
空気圧の適正値を知らなくては、正確な空気圧管理をすることは出来ない。

 空気圧の適正値は、運転席のドアのを開けたところにステッカーで記述してある事がほとんどなので、一度確認していただきたい。
ちなみにトラックの空気圧の適正値は、およそ600kPa~800kPaであるが、もちろんトラックによっては数値は違う。

【空気圧の点検頻度】
 空気圧は、月に1度は点検するようにしよう。
特に毎日たくさん乗る様なトラックの場合は、マメに点検していないと危険だ。

 また新品のタイヤの場合は、もう少し頻繁に点検するようにしたい。

【タイヤの温度】
 例えば高速走行をした後などはタイヤに熱を持ってしまう。
タイヤの温度が高くなっている状態では、空気圧が通常よりも高い数値になってしまい正確に点検することが出来なくなってしまう。
走行の前の冷えた状態で空気圧の点検をしよう。

【ダブルタイヤ(複輪)の場合】
 後輪がダブルタイヤになっている場合は、外側と内側の空気圧が同じになるようにしよう。




空気圧ゲージ

空気圧を点検する


 では、実際に空気圧を点検しよう。
点検の方法は至って簡単だ。

 ほとんどのガソリンスタンドに、空気圧用のエアタンクが置いてある。
このエアタンクを使って空気圧を調整するのだが、方法は以下の通りだ。

【空気圧の調整方法】
  1. タイヤのバルブキャップを外す
  2. バルブにエアタンクのホースの先端を押し当てる
  3. タンク備え付けのメーターに現在の空気圧が表示される
  4. 空気圧が規定値よりも少ない場合には「+」ボタンを押す
    もしくはトリガーを引いて調整
  5. 空気圧が規定値よりも多い場合には「-」ボタンを押して調整
  6. ホースを外し、バルブキャップを取り付ける

 これで空気圧の調整は完了だ。



空気圧の目安


 先程も空気圧が高い場合と、低い場合のメリット・デメリットで説明したが、空気圧は少し高めに入れておこう。

 具体的には、規定値よりも+10%ほどだ。
規定値が600kPaなら「660kPa」、規定値が800kPaなら
「880kPa」ほどにするのが良いだろう。



空気圧の単位


 自動車関係で使用している空気圧の単位には大きく分けて2種類ある。

 正確に言うと、古い単位と新しい単位があるのだ。

【kgf/cm2とkPa】
 前者の「kgf/cm2」と言うのは昔から使われていた古い単位だ。
しかし、空気圧のエアタンクにはまだ「kgf/cm2」が使われていることもある。

 この両方が混ざってしまうと空気圧がどれくらい入っているのか混乱してしまいそうだが、その心配はない。
両方の単位を変換するとだいたい以下のようになる。
1kgf/cm2=100kPa
つまり、800kPaに合わせたい場合には8kgf/cm2に合わせることとほとんど同じなのだ。

空気圧に関する動画

 こちらの動画は、タイヤの空気圧の入れ方を説明ている動画だ。
紹介されている車両は普通車だが、トラックでも方法は変わらない。



おわりに

 いかがだっただろうか。
空気圧の管理が悪いと色々な不具合が出てしまう。
また、燃費などにも影響してくるので、毎月のタイヤの空気圧点検を忘れないようにしたい。
その際に、この記事が参考になれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)