Q.運転中のテレビの視聴は違反?罰金は?

Q.運転中のテレビの視聴は違反?罰金は?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
運転中のテレビの視聴について
Q.運転中にテレビを見るのは違反ですか?

テレビ機能付きのカーナビは多い。
しかし、運転中に見ていてもいいのもなのだろうか?
今回は、運転中のテレビの視聴についてまとめてみたので参考にして欲しい。


              
                                                           

運転中のテレビの視聴

反則金と男

画面を注視すると違反


 結論から言ってしまえば、テレビやカーナビなどの画面を
"注視"すると交通違反
になるようだ。
確かに、運転をしているのに画面を中止してしまったら前を見ることが出来ない。
しかし、"注視"とは具体的にどれくらいの時間のことを指すのだろうか。

 道路交通法における"注視"とは、2秒以上見続けることを言うようだ。
極端な話をすると、1秒59までならテレビやカーナビを見ていても違反にはならない。

【公安委員会遵守事項違反】
 もし画面を注視してしまうと、「公安委員会遵守事項違反」として捕まってしまう。
公安委員会厳守事項違反で捕まってしまった場合の罰則などは以下の通りだ。

[罰則]
反則金
大型車:¥7,000
普通車:¥6,000
免許
減点なし

【安全運転義務違反】
 また、画面を注視してしまったために交通の流れに危険を生じさせてしまったり、交通事故を起こしてしまった場合は、
「安全運転義務違反」として捕まってしまう。
安全運転義務違反で捕まってしまった場合の罰則などは以下の通りだ。

[罰則]
罰則
3ヶ月以下の懲役又は、¥50,000以下の罰金
免許
2点減点



運転中のテレビの視聴ってできるの?


 もともと、メーカー純正で取り付けられているカーナビは、走行中にはテレビを見ることはもちろん、カーナビの操作もすることが出来ないようになっている。
なので、本来ならば、運転中にテレビを見るという行為は出来ないはずだ。
しかし、実際にテレビを見ながら走行している人がいるのは何故なのだろうか。

【1.社外のカーナビが付いている】
 まず考えられるのは、純正ではない他社が製作したカーナビを取り付けている場合だ。
この場合だと、運転中でもテレビを見ることが出来るモデルが多い。

【2.テレビキットを付けている】
 それからもう一つ、テレビキットを付けている場合だ。
テレビキットとは、主に純正のカーナビに取り付けるもので、運転中でもテレビを視聴したり、カーナビ操作をすることを可能にするキットだ。
仕組みは簡単で、純正のカーナビの場合サイドブレーキを引くことでカーナビ操作を可能にしているのだが、カーナビに常にサイドブレーキを引いているように信号を送ればいいのだ。

 しかし、上記のものを取り付けて運転中にテレビを見るのは危険だ。
何か特別なこと(走行中でも子どもがテレビを見られるように等)がない限り、走行中にテレビを見られるようにしようと考えるのはやめたほうがいいだろう。

おわりに

 いかがだっただろうか。
一時は、地デジの普及で従来の車のテレビは見れなくなってしまったが、現在では地デジ対応の物や、地デジチューナーなども販売していて車内でテレビを見るのは難しいことではなくなった。
しかし、運転中にテレビを見るのはリスクが多いのでやめたほうがいいだろう。

【この記事に似た記事】

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)