フロントガラスの飛び石キズの修理と費用、車検について

フロントガラスの飛び石キズの修理と費用、車検について

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
飛び石
 ふとした時に気付いてしまった...
フロントガラスに飛び石キズが付いている!
修理費用はいくらかかるのか?保険は使えるのか?

 という訳で今回は、フロントガラスの飛び石についてまとめてみた。

フロントガラスの飛び石キズの修理

修理する男

飛び石によるキズはどうするのがいいのか


 飛び石によるキズを見つけた場合には、以下の選択肢が出てくるだろう。

【飛び石キズの選択肢】
  • フロントガラスの修理(リペア)
  • フロントガラスの交換

上記の選択肢の他に、

  • 保険を使う
  • 自腹で直すか

という選択肢も出てくるだろう。

 では、修理した場合と交換した場合の費用などについて見てみよう。



フロントガラスの修理と費用


 飛び石によるキズを直すために、フロントガラスを修理するという方法がある。

 作業内容としては、キズが付いた部分をキレイに丸く彫り、その中に修理用のUVレジンを流し込みしっかり硬化させるという流れだ。
業者に依頼すると¥10,000~¥15,000程の費用かかるが、キレイに直る事が多い。

 また、費用を抑えたい場合には「飛び石修理キット」という物が¥1,500程度で売っている。
しかし、キレイに直したい場合には業者に依頼したほうが良いだろう。



フロントガラスの交換と費用


 もう一つ、フロントガラスを交換するという手段もある。
こちらは、新品のフロントガラスに交換するので、気持ちも良いだろう。

 しかし、フロントガラスを交換するとなるとかなりの費用がかかる。
メーカー純正のガラスを使用して¥100,000~¥150,000くらいはかかるだろう。
社外品のガラスを使用しても¥50,000~¥100,000くらいはかかってしまう。
※工場によって値段はバラつきがあるので、あくまで参考程度に考えていただきたい。

 こちらは、自分で交換するのは不可能に近い。



飛び石は保険が適用される?


 任意保険に加入している方なら気になるところが、保険適用の有無だろう。
任意保険の中でも、車両保険に加入していればほとんどの場合で飛び石は保険が適用される。

【等級は下がってしまう?】
 飛び石による車両保険の使用は、「飛来中または落下中の他物との衝突」として2012年までは等級が変わらなかった。
しかし、現在では飛び石による車両保険の使用は1等級下がってしまう。
 なので、フロントガラス交換くらいの金額なら保険を使用するのも良いが、修理にかかる¥10,000くらいの費用なら自腹で払ってしまったほうがいいだろう。


飛び石キズを放置するのはやめよう

割れたフロントガラス

車検に通らない


 フロントガラスのキズは、車検を受けた際に不合格になってしまう。
なので、修理またはフロントガラスの交換をしなければならない。
さすがに、車検を取らないわけには行かないだろう。
ただ、目立たないところだと検査員が気付かない場合もある。



キズが拡大してしまう


 高速道路などを走行すると、走行時の風圧や振動でキズが広がってきてしまうことがある。
最悪の場合は、フロントガラスが割れてしまう。

 高速道路でフロントガラスを盛大に割りたくなかったら、早急に修理もしくは交換をしよう。

おわりに

 いかがだっただろうか。
フロントガラスの修理くらいなら、さほど費用も高くないので早めに依頼したほうがいいだろう。
その際に、この記事が参考になれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)