ミキサー車とは

ミキサー車とは

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            

ミキサー車の形状

 あなたは生のコンクリートを固めずに目的地まで行かなければならない場合、どのような手段で移動するだろうか?
ドラム缶の中に生コンクリートを詰め込んで、手で混ぜながら移動するわけには行かないだろう。
そんな時には、ミキシングドラムを積載したミキサー車を使って運搬すると良いだろう。
今回は、ミキサー車についてまとめたので、導入する際の参考にどうぞ。


              
                                                           

ミキサー車の用途と種類

ミキサー車の用途

 先述したとおり、ミキサー車とは生コンクリートを固めずに運ぶためのトラックだ。
荷台に斜めに搭載されているミキシングドラムが常時回転しており、コンクリートが固まらない仕組みだ。
主に建築や、道路舗装に使用したりしており、コンクリートを扱う場合にはもはや必須と言っても過言ではないだろう。




ミキサー車の種類

 大きく分けて3種類のミキサー車が存在する。
ここでは、その3種類を簡単に紹介しよう。

【アジテーターミキサー】
 アジテーターミキサーとは、プラントによって練り上げられた生コンクリートを、固めないようにドラム内でかくはんさせる為のトラックである。
いわゆる、ミキサー車と言ったらアジテーターミキサーを指す事がほとんどだ。

【ウェットミキサー】
 ウェットミキサーは、砂利、セメント、水をドラムに入れ、ミキサー車の中で練り上げ、かくはんしながら運搬するトラックである。
自社工場にプラントがない場合には導入したい。

【ドライミキサー】
 ドライミキサーとは、砂利とセメントをドラムに入れて目的地まで運搬し、作業現場にて別の水タンクから注水し、生コンクリートを練り上げるトラックである。
こちらもプラントがない場合に使用するが現在ではほとんど使われていない。

ミキサーの車種

 ミキサー車を購入する場合、トラックとミキシングドラムを別々に購入する必要がある。
中古トラックの場合なら、出来合いのものを探せば良い。
ここでは、代表的な車種と架装メーカーを紹介する。

代表的な車種

【三菱ふそう・ファイター】
 ファイターとは、三菱ふそうが販売している中型トラックである。
ファイターにはミキサー車のラインナップがあるのでチェックしてみると良いだろう。
三菱ふそう・ファイターの公式サイト:
http://www.mitsubishi-fuso.com/jp/lineup/truck/fighter/11/lineup/dump_mixer/variation/mixer/index.html

【いすゞ・フォワード】
 フォワードとはいすゞが販売している中型トラックである。
いすゞ・フォワードの公式サイト:
http://www.isuzu.co.jp/product/forward_post/

【UDトラックス・コンドル】
 コンドルとは、UDトラックスが販売している中型トラックである。
UDトラックス・コンドルの公式サイト:
http://www.udtrucks.com/ja-jp/trucks/condor/pk




代表的な架装メーカー

【極東開発工業株式会社】
〒663-8545
兵庫県西宮市甲子園口6-1-45
極東開発工業株式会社のミキサー車のページ:
http://www.kyokuto.com/product/kensetu/mixer/mixer_01.html

【新明和工業株式会社】
〒665-0052
兵庫県宝塚市新明和町1-1
新明和工業株式会社のミキサー車のページ:
http://www.shinmaywa.co.jp/truck/products/mixer/m_1.htm

【KYB株式会社】
〒105-6111
東京都港区浜松町2-4-1世界貿易センタービル
KYB株式会社のミキサー車のページ:
http://www.kyb.co.jp/category/products/special



~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)