【窓の油膜除去】フロントガラスのギラつきを取る方法

【窓の油膜除去】フロントガラスのギラつきを取る方法

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
フロントガラスの油膜の落とし方
 夜の運転の時、特に雨の日の夜には窓ガラスがギラついて運転がしにくい...なんて経験はないだろうか。
運転中の視野性が悪くなるのは危険なので、一刻も早くギラつきを除去すべきだ。

 今回は、窓ガラスの特にフロントガラスの油膜の除去方法を紹介しよう。

フロントガラスの油膜の原因

大気汚染
 なぜ、窓ガラスに油膜が付くのだろうか。
油膜とは、呼んで字のごとく「油の膜」である。
しかし、フロントガラスに油なんて塗った覚えはないぞ!という方もいるだろう。
窓に油を塗らずとも油膜は付着するのだ。

【油膜の原因】
フロントガラスの撥水剤の劣化
フロントガラスが撥水するように塗りたくった撥水剤が劣化すると油膜と化すのだ。
雨に溶けたボディのワックス・コーティング
ボディのワックスも劣化し、雨の日には溶け出してくるだろう。
これも油膜の原因になる。
大気中の汚れ
雨と共に油分を含んだ大気中の汚れが、窓に付着する。

 ザックリと上記の理由があげられる。
どれも、走行中に起こりうるので、窓ガラスに油膜が付くのは必然かもしれない。


フロントガラスの油膜の取り方

 ガラスの油膜を落とすには、専用の除去剤などを使うしかないだろう。
いくつかの油膜除去剤を紹介しよう。


ガラス美人
ガラス美人
【ガラス美人 - タイホーコーザイ】
 頑固な油膜も除去することが出来る油膜除去剤、それがガラス美人だ。
劣化したガラスコーティングも除去する事が出来る。
使用方法は、付属のスポンジに適量のガラス美人を付け、縦横に磨くだけだ。

[公式サイト]
ガラス美人カタログ(PDF)




セリウム粉
セリウム粉
【ガラス研磨用セリウム粉 - アクアウイング】
 セリウム粉というのは、昔から伝わる油膜取りに効果抜群なものだ。
こちらの製品は、セリウム粉を水に溶かしてコンパウンドとして使用するようになっている。
付属のスポンジでガラスを磨けば油膜が取れるはずだ。




キイロビン
キイロビン
【キイロビン - プロスタッフ】
 油膜といったらキイロビンというほど有名な油膜取りだ。
こちらも、付属のスポンジに適量のキイロビンを付けて磨きこむだけで油膜を落とすことが出来る。

[公式サイト]
キイロビン - プロスタッフ




フロントガラスを油膜から守れ

撥水するガラス
 せっかく、油膜を取ったのにそのままにしていたら、またしてもフロントガラスは油膜にむしばまれてしまう。
そうならないためにも、なにかしらの対策をとっておきたいところだ。

 そこでオススメしたいのが、フロントガラスのコーティングである。
簡易的なものから業者に依頼するような物まで、幅広い種類があるコーティング剤だが、私がオススメしたいのは「フッ素系のコーティング」だ。

 従来のコーティングに多かったシリコン系のコーティングでは、時間が経った時に劣化し、油膜になってしまうことがほとんどだった。
しかし、フッ素系のコーティングは、効き目が長く、効果がなくなっても油膜だらけになることが少ないのだ。

 コーティングは、しっかり油膜を落としてから、ムラなく施工するように心がけよう。
また、コーティングの種類にも水玉のキレが良い「撥水系」
だらーっと水が引いていく「親水系」があるが、あなたの好みで良いだろう。

おわりに

 いかがだっただろうか。
これで急な大雨が降ってきても前が見づらいという事はなくなるだろう。
是非、油膜をしっかり取って、清々しい気持ちで運転をしてもらいたい。
その際に、この記事が参考になれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)