自動車税申告書の書き方

自動車税申告書の書き方

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
自動車税申告書の書き方
 所有者や使用者が変更になった時、または車両の情報が変更になった時など、様々な場面で登場する書類が「自動車税申告書」だ。

 今回は、自動車税申告書の書き方を紹介する。


              
                                                           

自動車税申告書を記入してみよう

自動車税申告書の記入例
クリックで拡大

自動車税申告とは


 自動車の所有者や使用者の変更、住所の変更など、自動車税の請求先が変更になった場合や、自動車税額が変更になる場合に行う手続きである。

 例えば、名義変更の際に、自動車税申告を怠ると、前の所有者に自動車税の請求が行ってしまう。



車検証を見ながら記入しよう


 自動車税申告書を記入するには車検証が不可欠だ。
車検証を用意して以下の項目を記入しよう。
少し多いが、頑張って記入していただきたい。

【自動車税申告書の記入項目】
申告区分
今回の申請内容を番号で記入
車両番号
新しいナンバーを記入
旧車両番号
前のナンバーを記入(ナンバーが変更された場合のみ)
申告年月日
手続きをした日付を記入
初度登録年月日
自動車の初度登録年月日を記入
納税義務者:住所
納税義務者(使用者)の住所を記入
納税義務者:名前
納税義務者(使用者)の名前を記入
所有者:住所
所有者の住所を記入
所有者:名前
所有者の名前を記入
使用者:住所
使用者の住所を記入
使用者:名前
使用者の名前を記入
旧所有者:住所
前の所有者の住所を記入
旧所有者:名前
前の所有者の名前を記入
旧使用者:住所
前の使用者の住所を記入
旧使用者:名前
前の使用者の名前を記入
用途
該当するものを番号で記入
種別
該当するものを番号で記入
区分
該当するものを番号で記入
車体の形状
車検証に記載されている車体の形状を記入
車名
車検証に記載されている車名を記入(トヨタなど)
型式
車検証に記載されている型式を記入
乗車定員
車検証に記載されている乗車定員を記入
最大積載量
車検証に記載されている最大積載量を記入
車両重量
車検証に記載されている車両重量を記入
車両総重量
車検証に記載されている車両総重量を記入
車台番号
車検証に記載されている車台番号を記入
類別区分番号
聞きなれないと思うが、車検証に記載されている類別区分番号を記入
原動機の型式
車検証に記載されている原動機の型式を記入
長さ
車検証に記載されている長さを記入
車検証に記載されている幅を記入
高さ
車検証に記載されている高さを記入
排気量
車検証に記載されている排気量を記入
燃料の種類
ガソリン、ディーゼルなどを番号で記入
主たる定置場
車検証に記載されている使用の本拠の位置を記入
車検有効期限
車検証に記載されている車検有効期限を記入
取得後の用途
営業用か自家用かを番号で記入
所有形態
ほとんどの人が「自己所有」だと思うが、所有者と使用者が別の場合は「所有権留保」などを選び、番号を記入
申告者:住所
申告に来た人の住所を記入
申告者:名前
申告に来た人の名前を記入
申告者:電話番号
申告に来た人の電話番号を記入



自動車税申告書を提出する主な手続き


 手続きの際に、自動車税申告書を提出する主な手続きは以下の通りだ。

【手続き内容】

その他にも「名義変更」や「ナンバー変更」の際にも必要になる。

おわりに

 いかがだっただろうか。
記入項目が多いので面倒だが、車検証を見れば全てわかることばかりだ。
書く機会があれば、是非自身で書いてみよう。
その際にこの記事が参考になれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)