Q.中古トラックの購入の流れを教えて!

Q.中古トラックの購入の流れを教えて!

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
中古トラックを買いたい男
Q.中古トラックを買う時の流れって?
中古トラックを買いたいのですが、どういう流れで購入するのかが良くわかりません。

 確かに、普段の買い物と違って中古トラックを買う機会は少ないので、良くわからないことも多いだろう。
今回は、中古トラックの購入の流れについてお答えしよう。

中古トラックの購入の流れ

中古トラック

1.問い合わせ


 まず、インターネットでも雑誌でも、気になったトラックがあったら販売店に問い合わせてみよう。
もしかしたら売却済みになってしまっているかもしれない。

 販売店への問い合わせの際は、以下の項目を伝えよう。

【問い合わせをスムーズにする項目】
  • 何を見て問い合わせているかを伝える(雑誌名やサイト名)
  • トラックの名称(日野・レンジャー等)
  • トラックの色(赤等)
  • トラックの年式(平成17年車等)
  • トラックの走行距離(10万キロ等)

どんなに在庫が多い店舗でも、ここまでの情報を伝えればどのトラックについて言っているかがわかる。
車両情報を伝えた後は、あなたが気になっている事を問い合わせよう。



2.車両の確認


 一通り、気になるトラックに関して問い合わせたら、そのトラックを見に行こう。
中古トラックを買いたい時に確認したい項目については、ただいま執筆中なのでしばらくお待ちいただきたい。

 また、遠方で直接トラックを見に行くことが出来ない場合は
メールで画像を送ってもらったりして細かいところまで確認したい。
この時、キズやヘコミの状態も画像で送ってもらおう。
しかし、出来ることなら実際に見に行きたいものだ。



見積もり


 そのトラックを気に入ったのなら、見積もりをもらおう。
トラックの自体の価格で購入することはできないので、乗り出し価格を出してもらう。

【乗り出し価格?】
Q.乗り出し価格とはなんですか?



契約


 納得の行く見積を出してもらったら購入の契約をしよう。
あなたの要望も伝えておくと良い。
この時、あなたが用意しなくてはならない書類などを伝えられるはずだ。

【購入時の書類?】
中古トラックの購入時に必要な4つの書類

 できれば、納車日がいつくらいになるかも聞いておくと良いだろう。

 契約の際には、車両代の内、いくらかを前払いすることが多いので、お金も用意しておこう。
また、遠方の場合の契約書は、郵送でのやりとりになることがほとんどだ。
その際の前金の支払いは振り込みになるだろう。

 この日から販売店は、納車日に向けて点検整備や車検などを行い、トラックを万全の状態に仕上げる。



納車


 契約日から1ヶ月もしないうちに納車なると思う。
この時に、契約時に交わした約束事などを確認しよう。
ちなみに残りの車両代に関しては、納車時に残金を支払うことが多い。

 遠方の場合は、自宅まで納車しにきてくれるので、残金は振込んでからの納車になるだろう。

おわりに

 いかがだっただろうか。
これで大体の中古トラックの購入の流れはわかっただろうか。
とにかく、まずは販売店に問い合わせないと始まらない。
あなたが中古トラックを買う際に、この記事が参考になれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)